見出し画像

アルゴリズムによるマネジメントは失敗する


#DIAMONDハーバードビジネスレビュー

ニューヨークとロンドンのウーバー運転手を対象にした分析によって、運転手は、アルゴリズムに働かされることによって、3つの不満を抱くことがわかった。

1.常に監視されている。
仕事を監視するのは人であれアプリであれ生産性を低下させる。常時監視にネガティブな感情を持っているのに、テクノロジーを介してさらなる監視をされることで不満が増幅される。

2.不透明さ。
アルゴリズムが高度になればなるほど、仕事の配分、評価記録、報酬を自動で複雑に行うため、透明性がどんどんなくなっていく。不透明さは運転手の不満を招く。

3.人間味の欠如。
同僚はおらず、属するチームもなく、監督者との関係性を作ることもできない。

ではどのようにしたらアルゴリズムによるマネジメントは奏功するのであろうか?

アルゴリズムの透明性を高める。アルゴリズムによるマネジメントに対して従業員からフィードバックを求める。人と人との関係を作る。信頼を築く。この4点を筆者は指摘している。

いずれも共通するのは、アルゴリズムと人間が直接対話せず、人にコミュニケーションができるのは人であるという原則に立ち返ろうというものに思える。人の理解を助けるためにアルゴリズムを使い、人を動かすことには人が介在し、決定も人が行うということを行わない限り不満は続くだろう。人の気持を理解しない、ある種のKPI至上主義がうまくいかないように、人のコミュニケーションを無視したアルゴリズム至上主義になれば、成功はできない。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!note続けられそうです!
7

川崎裕一 マネタイズおじさん

広告をはじめとするマネタイズをやっています。スマートニュース株式会社。はてな副社長→kamado社長→ミクシィ取締役(買収に伴い)→スマートニュース執行役員。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。