スクリーンショット_2019-10-09_10

目に見えないものを大切にして急成長する企業経営者の告白本「ハートドリブン」

先日、Zen2.0に登壇頂いた株式会社アカツキの創業者 塩田元規さんの著書
「ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力」
の出版記念パーティに参加してきました。

アカツキは、2010年に創業して、2016年にマザーズ上場、2017年に東証一部に上場し、売上高281億円、利益136億円という急成長企業。

 共同創業者の香田さんと塩田さんのお二人はとても仲が良く、これまでの”一部上場企業の経営者”のイメージとはかけ離れたかのような短パンとTシャツ姿という自然体なあり方で、まずそのお二人の姿からもこれからの時代の可能性を感じてしまいました。

会場となった会社のフロア全体も楽しげで、ワクワク感満載。

さすが、「ハートドリブンな世界へ」を会社のVisionに掲げて、経営者自身が体現されようとしているだけあるなと、思わず関心してしまいました。


さて、今回出版された本「ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力」の内容は、私にとって非常に共感するものでした。

 実は塩田さんには、Zen2.0の共感サポーターになって頂けないかというお願いにいった際に、ちょうど本を書いていると言うお話を聞き、その本の大枠を聞いて是非登壇者にもなって頂きたいと直感的に思い、(ハートドリブンな感じで?)その場で決めてしまったという経緯がありました。

 その後、今年9月21日、22日に開催された Zen2.0に登壇して頂き、Googleの瞑想を広めるMiLIの荻野淳也さんと対談して頂いたのですが、本の中にも出てくる塩田さんご自身の経験に基づくお話は、多くの人に共感を生んでおり、登壇をお願いして本当に良かったなと思ったところでした。

画像1

禅とマインドフルネスの国際フォーラム Zen2.0での塩田さんと荻野さん


そして、出版パーティ後に頂いた本を読んでみると、本の中に登場する塩田さんに影響を与えた人々や本が私自身に影響を与えた方々や本とかなり重なるところが多く、自分の人生の振り返りにもなりました。
(パーティにも皆さん参加されていて久しぶりの再会にもなり、とても不思議な縁の繋がりを感じてしまいました。 。)

ビジネスの分野で素晴らしい結果を出されている塩田さんの背景にあるのが

「目に見えないものを大切にする」
「魂を進化させる」
「感情を丁寧に扱う」
「ハート ドリブン」

とのこと。

今、伸びる企業はこういった事を大事にする企業ではないでしょうか。

経営者というと、あまり自分の恥ずかしい経験や失敗談は話したがらない印象がありますが、そういった経験を思いっきりさらけ出してくれている塩田さんを尊敬してしまいます。

そして、塩田さんも日々瞑想をされているとのこと。

今、ビジネスリーダーに瞑想の習慣がとても必要なってきているのを改めて感じます。


塩田さんの告白本「ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力」、オススメです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

宍戸幹央(鎌倉マインドフルネス・ラボ代表)

禅とマインドフルネスのフォーラム ZEN2.0の共同創設者。企業の組織開発、人材育成とマインドフルネスを広げる活動を展開。一般社団法人 21世紀学び研究所 理事。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。