一瞬一瞬を大切に。こういう時だからこそ考えたい3つのコト。

平成から令和に。

昭和から平成に移り変わった時とは比較にならないほど様々なことが変わったことに気付かされる1日でした。

まず昭和から平成に移り変わった時は、昭和天皇がお亡くなりになったことでの移行だったため、こんなお祭りムードではなかったはず。私は確か小学生の時だったけど、こんな雰囲気ではなかったことだけは記憶しています。

1日ニュース番組でも取り上げられていました。そこで真新しかったのが、ソーシャルの声は…!?というコーナー。これも明らかに平成になった時にはなかったこと。平成の30年間は本当にインターネットで我々の生活は豊かになりました。

そして私は今、インターネットがない世界では考えられない事業を展開しています。これまた平成になったばかりの時には予想するしえなかったわけで、自分的平成の中での一大事だと思います。

とある方のお言葉。

「元号が変わっても時代は変わらない。時代を変えるのは人である。そのメインストリートは起業家である」と。

ええ言葉や。その通りや。


という事で、新しい元号になっても良いところは変わらず、変えたい部分は変えていけたらいいな。

そんな中で、改めて大切にしたいこと。

その1、時間。

時間=命。大晦日やイブってたしかに大切。だけど、何年何月何日目の何時も一瞬しかない。同じ時は二度とない。そんな風に考えると、「今」を生きることがとても大切。

その2、印象。

共に時間を過ごす相手、つまり命を分け合う相手。こう考えると、何をするかも大切だけど誰と過ごすかもとても大切。自分が選ぶ事もあれば、選ばれる場面もある。相手に選ばれるひとになれたら、人生はきっともっと豊かになる。そんなチャンスを掴める人になりたい。

その3、謙虚さ。

日本人の奥ゆかしいところ。それは素晴らしい特性だと思います。自己主張が苦手とかとも言うけど、やはり日本人の我がわれが…ではなく、どうぞどうぞ…の文化はとても素晴らしいと思うし、きっと海外の方が旅行に来て、そんな風土に触れて居心地の良さを感じてもらえてるのではないかと。ついつい忙しかったりで、心をなくしがちになる時こそ、謙虚さを思い出して前に進みたいと思います。

おかげさまで、私の周りにはそれに気付かせてくれる人が溢れています。これからも見習いたいです。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。