見出し画像

有名企業の株を買って失敗した理由

私自身、さまざまな投資の失敗を経験してきました。拙著『これからの投資の思考法』では、誰もが陥りがちな5つの失敗体験を紹介しています。

その1つが有名企業への投資です。

財務省時代、金融機関が勧める株に投資して失敗した私は、その損失を取り戻そうと自分でいくつもの企業を調べ、Google(当時)など、5社の有名企業に投資をしました。しかし、アメリカの代表的な株価指数であるS&P500が5%くらいしか下がっていないときに、私が選んだ企業の株価は20%も下がり、結局、数十万円の損失を出して売却することになりました。

詳しくは記事に譲りますが、私がこのとき失敗した理由は有名企業にばかり投資したからです。

誰もが名前を知っているような有名企業には、個人投資家による投資も集中しがちです。「買いたい」という人が多くなると、需給バランスが崩れ、企業が持っている実力以上に株価が上がることもあるからですが、当時の私はこうした事実をまったく知らずに投資対象を選んでいたのです…。

(↓ 続きはこちらをクリックして下さい。)
https://diamond.jp/articles/-/188610

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15

FinTechに詳しくなるノート(柴山和久)

「誰もが安心して手軽に利用できる次世代の金融インフラを築きたい」という想いから、プログラミングを一から学び起業。働く世代向けに全自動の資産運用サービス「WealthNavi」を提供中。財務省→マッキンゼー→ウェルスナビ。 著書に『これからの投資の思考法』(ダイヤモンド社)

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。