「希望退職45歳」時代に考えるキャリアオーナーシップの話
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「希望退職45歳」時代に考えるキャリアオーナーシップの話

村上 臣(電脳コラムニスト)

こんにちは、電脳コラムニストの村上です。

コロナ禍が長引く中、業績不振による希望退職を募るニュースをよく見るようになりました。実際に2020年に早期・希望退職募集を開示した上場企業は93社(東京商工リサーチ調べ)。前年の35社から2.6倍に急増そうです。

2021年は前年からは減少しましたが、2年連続で1万5000人超と高い水準になっています。

上場企業が2021年に募った希望退職者数は1万5892人に達した。20年からは減少したが、2年連続で1万5000人を上回った。新型コロナウイルス禍が直撃したアパレルや観光業界が多く、鉄道でも18年ぶりに募集があった。足元ではオミクロン型が猛威を振るっており、22年も募集人数や社数が高水準になる可能性がある。
東京商工リサーチが20日に発表した。21年に希望退職を募集した上場企業数は84社だった。20年は93社で、約1万9000人の募集があった。
16~18年は3000人台から5000人台にとどまっていた。リーマン・ショック直後の09年(約2万3000人)、IT(情報技術)バブル崩壊後の02年(約4万人)には及ばないが、コロナ禍の影響は深刻だ。

これらの大半は業績不振によるものですが、新しい形の希望退職も出てきました。「仕事内容や役割を見直す中、キャリアの再スタートを切らないといけない」。パナソニックの楠見雄規社長は21年10月の記者会見でこう語っています。同社は事業戦略の転換を推し進めるにあたって、従来のハードウェア売り切り型のビジネスから、ソフトウェア継続課金型ビジネスと大きくシフトしようとしています。それに伴う組織変更と配置転換により減給となる社員も出てくる見込みで、留まるか外の機会を掴むかの選択肢を提示したとのことです。

日本は解雇規制が厳しいため、会社都合によるいわゆる「黒字リストラ」は行われてきませんでした。実際には事業転換によって旧来業務を担ってきた社員を削減する目的での希望退職が年々増加傾向にあります。その場合には単なるリストラは許されず、退職パッケージ(割増退職金、転職先の斡旋サポート、リスキリングなどへの投資)がセットで行われるべきです。ここに関しては国(厚生労働省)が主導で一定の基準を設ける必要もあるかもしれません。

いま盛んに叫ばれている「ジョブ型雇用」においては、上記がダイナミックに行われます。人にジョブをつけているわけではなく、ジョブ(ポジション)に対して人を雇用しているためです。事業転換によりそのポジションがなくなれば、自動的にそこにいる人は不要になります。極端な例でいうと「日本撤退」です(極端といいつつ結構あります)。この場合は日本で勤務する社員全員が次の会社を探すことになります。もちろん外資系日本支社に勤務する方々はジョブ型前提なのでこのような自体も想定はしているのですが、実際に自身が体験するとなると結構心にくるものはあるでしょう。

日本におけるジョブ型雇用の実装がグローバル・スタンダードなものになるのか、魔改造された「日本的ジョブ型雇用」になるのかはまだわかりません。上記のような事例を我々がどう捉えるかという、社会的コンセンサスの問題なのだと思います。今後、労使で落とし所を探していくしかない部分でもあります。

時代の流れとしては確実にジョブ型になってくるという前提で言うと、全社会人が「明日転職できる状況」に自身を磨き込んでおくことが重要だと考えています。現代版の「いざ鎌倉へ」ですね。考えるきっかけとして良い記事がありましたので、以下にリンクしておきます。

2018年以降、もはや日常茶飯事となった感のある早期希望退職者募集のニュース。その多くは「45歳以上の役職者を対象とする」というように高齢層や役職者を狙い撃ちにしています。30代以下の人にとっては他人事のように映るかもしれませんが、少し未来の自分たちが直面する可能性は大いにあります。上の世代の先輩たちの動向から、あらかじめ学びを得て備えておいて損はありません。

明日1月24日(月)の12時に、この記事の執筆を担当されたルーセントドアーズ代表 黒田真行さんと対談するライブを行います。人生100年時代、ジョブ型雇用制度、新型コロナ…。日本の雇用環境は、様々な要因によって、大きな節目を迎えているのは間違いありません。今回のライブでは、日本の人材市場を最前線で見てきた黒田さんに、その変化の本質、そして自分自身の価値を知ることの重要性について伺いたいと思っています。時間になりましたら以下のページからご覧いただければ幸いです。

---------
みなさまからいただく「スキ」がものすごく嬉しいので、記事を読んで「へー」と思ったらぜひポチっとしていただけると飛び上がって喜びます!

タイトル画像提供:Ystudio / PIXTA(ピクスタ)

#COMEMO #NIKKEI

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やったー!よかったらシェアもしていただけるとさらに嬉しいです!
村上 臣(電脳コラムニスト)
だれもが自分らしく楽しく働ける世の中に!働き方や注目テクノロジーなどを中心に発信。日系企業でエンジニア→ディレクター→役員の後、海外経験ゼロのまま外資カントリーマネージャーへ。執筆依頼等は→ https://www.linkedin.com/in/shin-murakami/