株式ETF買いは中央銀行の役目ではない

止めてほしいです。これ以上、ガバナンスへの意識改革の逆戻り政策を打つことと、日本の株式市場の価格発見機能に介入することを。

長期国債の買い入れをペースダウンしているのに、株式ETFをそのまま買い続けているとは驚きです。民間による株式市場の価格発見機能(色々な市場参加が、色々な視点や価値観による売買を繰り返す試行錯誤により「適正価格」を発見するプロセス)を削ぎ落していることに自覚していただきたいと痛感しています。

日本国債市場の価格発見機能を破壊した後に、今度は株式市場にも。それも、債券市場と異なり、株式市場は企業のガバナンスという「価値発見機能」も担っているというのに。

中央銀行は健全な市場のための番人です。健全な市場とは金融緩和措置の大義による価格操作ではありません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。