見出し画像

Libraにも信用不安は起こりうる

デジタル通貨「Libra」の機能は、業務を決済等に限定した金融機関に近いとの事です。Libraの発行体はその通りかもしれません。

しかし、他の民間企業は早晩、Libra建ての金融商品発行や信用創造に踏み切るでしょう。その後、Libraの信認が著しく低下した場合、誰がLibraの流動性を供給しうるのでしょうか。

例えば、Libra建て債務を大量に保有している金融機関に信用不安が生じた場合。コンプライアンス上の事由により、Libra建て取引が突然停止された場合。インフレや金利高によってLibraの実勢相場が下落し、ドルや円との交換レートに恒常的に切り下げ圧力が生じた場合。

金融機関への流動性供給に発行体が責任を負えない以上、Libraはいずれ主要中銀の厳しい規制下に置かれざるを得ないように思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき有難うございました。 小難しい経済ニュースをより身近に感じて頂けるよう、これからも投稿してまいります。

ありがとうございます!
19

宮嵜 浩(エコノミスト)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 景気循環研究所シニアエコノミスト。日本経済の分析・予測を担当しています。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。