湘南の富士

自己責任、やっぱり自己責任。

老後の生活を支えていくのは誰なんでしょう?長い年月、様々な分野で、直接、間接税金を支払い続け、年金料を払ってきたのですから、それに「見合う」お金を国に払ってくれ、というのは当然の事理です。

問題は、どの程度なら「見合う」のか?、支払った税金や年金料の総額に応じるべき?いやいや、国全体として富の再配分が必要なんだから、税金は累進で支払年金額は逆累進でいくべきだ(お金持ちには少なめに、そうでない方々には多めに)じゃあ、その程度は?支給開始年齢は?

そもそも人口動態から見て、いくら運用で頑張ったって賦課方式を採用している限り、従来の年金制度はサステナブルじゃないんだから、制度の抜本的見直しをしなきゃだめだ!云々云々。

これらの議論や検討は非常に大切だし、不断に続けていかなければなりません。でも、待ってくれないことがある。

それは、わたし達一人ひとりの人生。いくらあり方を述べてもお金は降ってはこない。

制度論や在り方論は、きっちり主張すべきであること、言うまでもありません。

でも、同時に自分のことも考えなければ。残念ながら、現在なお、「他己」依存では、満足で充実したシルバーライフは送ることは難しい。

自己責任の資産形成はやはり大切です。運用には、もちろんリスクは伴う。で、リスクを取るかどうかも自己責任。

そもそも、「他己」責任に任せるか「自己責任」をとるのかという判断そのものが、自己責任なのではないでしょうか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。