見出し画像

「無関係な女子はいない。」に納得

通勤の途中ずっと気になっていました。集英社のビルに掛かっている広告です。少女漫画の宣伝にしては妙にシリアスで仰々しいと感じていましたが、先日の日経新聞で事情を理解しました。早速読まないと!と思い本屋を巡りましたか、どこも売り切れ。日経効果でしょうか。とりあえず1巻だけ入手できました。

連載に合わせて「異例。この連載は、何があろうと、続けていきます」「このまんがに、無関心な女子はいても、無関係な女子はいない。」という署名入りの宣言文を掲載。一躍話題となり、注目を高める結果になった。

納得の宣言文でした。記事にある通り「少女たちが置かれた窮屈な現状を浮かび上がらせ、読者自身にも訴える」ストーリーなんですが、一巻の読後感はいわゆる「いやミス」っぽくて、早く二巻を読まないと気持ち悪いです。とりあえず一巻だけでも読み応えのある漫画でした。

今朝、天皇皇后両陛下がトランプ夫妻と歓談されたという記事を読みました。私はその記事を読んだ時、なんだか嬉しい気持ちになるのと同時に、どういう訳か「さよならミニスカート」を思い出したのでした。

大統領夫妻との会見では言葉の意味の取り違いなどを防ぐため、宮内庁が陛下にできるだけ通訳を介するよう依頼していたが、英語で直接やり取りされる場面も多かった。皇后さまは終始、英語で話された。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただき有難うございました。 小難しい経済ニュースをより身近に感じて頂けるよう、これからも投稿してまいります。

ありがとうございます!
12

宮嵜 浩(エコノミスト)

三菱UFJモルガン・スタンレー証券 景気循環研究所シニアエコノミスト。日本経済の分析・予測を担当しています。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。