見出し画像

自分の中には...

正直言うと、自分の事はよくわかりません。

もっと正直に言うと、分からないふりをしている、
ような気持ちでいます。

私の中には、良い面も悪い面もあります。

どこを取っても、私自身です。

そんなことを考えていると、
そんな考えを体験するような
出来事が起こったりします。

私は、
これまで自分の中の悪い面、
違うな、闇の部分、これを密かに暖めてきました。

なぜか?

それは私の生命と密接に繋がり、
切っても切れない部分だと思っているからです。

闇というと、なんともおどろおどろしい
感じがしてしまいますが、最近気づいたんです。

最近というか、ここ最近インフルエンザで寝ている時に
こんなことを考えていました。。。

この闇の部分って、
色々な生命の根幹を支えるようなパーツがごった煮になった部分なんだと。

黒と思っていたけれど、
よく見るとカラスの羽みたいに、
虹色に見えたりします。

原始的なエネルギーというか、
そういった濃縮された何かがドロドロとしているだけで、
何も悪いとか卑しいとか、汚らわしいとか
そういった次元のものではなく、

命そのもの、
なのかもって思い始めています。

おいおい、何のはなし?

って思う人も多いかもしれませんが、
何とも言葉にしづらいのをあえて、チャレンジしているので、
もう少しお付合い下さい。

この生命の根幹と繋がる闇の部分は、
おそらく人類の歴史の中で、社会性が必要とされるにつれて、
精神の奥底へと少しずつ少しづつ格納されていっただろうと思っています。

生命の爆発はそれこそ善悪を超えているので、
社会性と云う側面から見てしまうと、
道徳性や倫理性といった諸問題に必ず衝突することになると思います。

現代は、ご存知の通り、情報の伝達スピードが
ほぼ光の速さで世界中の人に届く時代。

これは全人類が共通の場で、
接続されているという空前絶後の
状況にいると言っても過言ではありません。

言わば、生きながらにして
あの世とこの世を行き来しているような状態だと思っています。

何が言いたいかというと、
私たちの心の奥底にある闇の部分は、
実はすでにこの世界に解放されてしまっている。

これを希望と思う人もいれば、
これを絶望と思う人もいると思います。

前者は、新たな世界を迎え入れる人たち。
後者は、古い世界を懐かしむ人たち。

どちらが良いとか悪いという話ではなく、
私たちの思いがこの世界を形作っているという現実から思うに、
もう私たちは新しい世界を望み、それを受け入れ始めている。

そんな時代に生きられて、ラッキーなんだと思います。
あなたはどう思いますか?

#黒坂図書館 #アゼルバイジャン #COMEMO #note #闇 #ビジネス #カルチャー

------------------------------------------------------
お気軽に寄ってもらえたら黒坂、喜びます (^-^)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■黒坂図書館Web siteです。
http://kurosakalibrary.com/
■黒坂図書館のFacebook pageはこちらです。
https://www.facebook.com/kurosakalibrary/
■黒坂図書館のエッセンスを動画(約7分)で!
https://youtu.be/x9nTPiabLKU
■J-WAVEに出演した時の内容
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/come-together/2018/09/14-082037.html
------------------------------------------------------
■黒坂個人のFacebookはこちら
https://www.facebook.com/munehisa.kurosaka
■黒坂個人のTwitterはこちら
https://twitter.com/munehisa_k
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事を読んでいただいたみなさん。 スキボタンを押したり、 SNSでシェアして頂けると本当に嬉しいです! リアクションして貰えると本当に喜んじゃいます!!

また、読んで貰えると嬉しいです。
11
74年神奈川生まれ。子供時代に科学雑誌「Newton」を読み、宇宙飛行士を志すが落選。日米で免疫学を研究、製薬企業5年、トムソン・ロイターで5年勤務。現在は製薬会社にデータを提供する仕事。製薬関連やSci/Tech、仕事、日々の思い、社外活動などを発信。
コメント (2)
闇こそ光、光こそ闇。一体そのものだと思います。
その闇を赦し、解放することは、
本来の姿である、”光”そのものに戻ることなんでしょうね。
素晴らしい時代に生きることが出来る私達。感謝。
黒坂さんのお持ちの「闇」と、私のとは違うんだとおもいますが、私も私なりにすっとやみを抱えて、それを持て余したり悩んだりしてきましたが、最近少しそれとのつきあい方の糸口を見いだしたような気もします。闇でありながら、自分のいいところも悪いところも、そこに根があるような感じ。
そんなことと、今という時代の特性を結びつけて考えるというのは、面白いと思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。