小泉進次郎氏と「リバランス」

話題になっている小泉進次郎議員が、近ごろ唱えているのが「リバランス」。

自民党で厚生労働部会長を務める小泉氏が、社会保障改革における第3の道として「リバランス」を推している。ちなみに、第1の道が給付削減で、第2の道が負担拡大である。

第1の道でも第2の道でもなく、第3の道という位置づけにしたかったようだが、厚生労働部会には社会保障制度をめぐる利害調整にたけた大物議員がたくさんおり、今のところ、第1の道か第2の道かという発想とともに、第3の道を進める、という形で収まったようである。

下記拙稿では、「リバランス」という考え方の背景に言及した。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
13

土居 丈朗(慶應義塾大学経済学部教授)

東京財団政策研究所上席研究員を兼務。近著『入門|財政学』日本評論社刊/ 東洋経済ONLINE「岐路に立つ日本の財政」http://j.mp/TYKOLTD / Yahoo!ニュース個人「経済財政の核心に迫る」http://j.mp/Ytdoi

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。