新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

データの世紀(アフターコロナのDX事業戦略)に登壇してみて感じた事

皆さんこんにちは!

Kaizen Platformのスドケンこと須藤憲司です。

6/11(木曜)に日経COMEMO主催のデータの世紀のオンラインイベントに登壇させて頂きました。

今回のテーマはDXによるコロナ抵抗力とはなんなのか?それは具体的にどのようなものなのか?と言うことを主に米国の事例をIBAカンパニーの射場さんとTSUNAGUパートナーズの相澤さんと共に登壇し、お話させて頂きました。

内容はめちゃくちゃ刺激的だったんですが、クローズドなセミナーでしたのでここでは少しだけその内容をご紹介して、登壇した私自身の感想を書いておきたいと思います。

今回は、自粛中のゴールデンウィークの5/5と6に実施したオンラインセミナーの続編で、最新の米国企業の決算情報から何が業績の明暗を分けていたのか?のポイントを整理した第2弾です。


コロナ対策とDXについて

実は、この内容をちゃんと定期的にやろうと決めたのは、相澤さんからこのグラフを問題提起として提示されて、ガツンと頭を殴られたような衝撃があったからです。

これは、日本の解雇規制による影響も大変大きいわけですが、実際はそれだけではありませんでした。

売上を確保できるBOPIS(Buy Online, Pickup In-Store)と呼ばれる手法で店舗を閉めていても、収益確保を実現していたのです。

6/3の日経の朝刊にもこのような記事が出ていました。

スクリーンショット 2020-06-11 18.01.17

今回は、この秘密を小売流通と言う観点から紐解いていく内容でした。


BOPISとは

現在リテールにおけるDXは消費者体験(=UX)の向上が重要なトレンドになっています。

スクリーンショット 2020-06-14 14.36.37

これまでのオムニチャネルやO2OからOMO(Offline Merges Online)と言うキーワードに変わったように優れたUXを設計する事によってマーケットシェアを拡大すると言う大きなトレンドを背景に拡がっているのが、OMOに向けた業務プロセスやバリューチェーンを支えるためのDXです。

その中でも、今回のコロナの非接触・非対面で注目されたのがBOPISです。

スクリーンショット 2020-06-14 14.37.07

シンプルにいえば、ECの店頭受取と言う事になりますが、受取方法のパターンが3点あります。

スクリーンショット 2020-06-14 14.37.38

この左のカーブサイドと言われるドライブスルーのように車が近づくと路肩まで店員さんが買ったものを持ってきてくれて、トランクに詰めてくれるサービスが大きく伸びました。

イベントでは、スーパー・百貨店・ファストフード・ディーラー・宝飾店などのOMOの事例を取り上げましたが、店舗を閉めていてもBOPISの受取を可能にしていた事で、ECの物流がパンクしてしまうような事態でも、大きく業績を伸ばす事例が紹介されました。

このように消費者に選択肢をしっかり提供するためのDXは、今後の第2波・第3波が心配される中でも有効な一つの戦略オプションだといえます。


DXの本当の意味

今回のリテールにおけるOMOのように、現在のDXはデジタルを通じてとにかく消費者体験(UX)をどう高めるか?と言う事が重要になっています。

スクリーンショット 2020-06-14 14.55.44

Kaizen Platform HPより

実は、この顧客体験に直結させていく事がDXのキモとなっている事がおわかり頂けるかと思います。

デジタル化してデータを活用し、いかに体験を高めるか?と言う観点で現在のトレンドを見つめ直してみると、

消費者と生産者を直接結びつけるD2CDXされた新しいメーカー

消費者と小売を滑らかにするOMODXされた新しい小売

と言う風に言う事ができます。

そして、これがコロナ禍のように、人々の移動や接触に大きな制約がかかった環境下でも大きな力を発揮したのだと考えられます。

つまり顧客体験=UXこそが差別化をはかる競争力の源泉であり、収益に直接ヒットする新しい時代の競合優位性だという事がセミナーの登壇を通じて、改めて浮かび上がってきたと言うのが今回の率直な感想です。

DXの最前線からは以上です。

#DX入門 #DX最前線


ーーーーーーーーー📢宣伝📢ーーーーーーーーー

【講座のご紹介】

DX人材養成のための講座を6月より豪華ゲストをお招きして開始します。締め切り間近なので、お申込みはお早めに!


【書籍のご紹介】

デジタル時代を生き抜く知恵を、企業人に向けて書いたDX入門はこちら

ちなみに「はじめに」はCOMEMOで全文公開していますので、もしよろしければ是非どうぞ!

デジタル時代を生き抜く知恵を、個人に向けて書いたハック思考はこちら

こちらも「はじめに」はnoteで全文公開していますので、もしよろしければ是非どうぞ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、災害地域やいくつかの支援を必要としてる社会的なプロジェクトに寄付させて頂いております。

嬉しいです!ありがとうございます!
30
Kaizen PlatformのCEO/リクルート最年少の執行役員(当時) →米国シリコンバレーで起業/企業の売上をインターネットとDXで圧倒的に伸ばす仕事/著書『ハック思考』(NewsPicksBook)・『DX入門』(日経)/皆のハックの引き出しをまとめるノートです

こちらでもピックアップされています

ハック思考(フォロー用)
ハック思考(フォロー用)
  • 53本

ハック思考の引き出しについてまとめるノートです。