見出し画像

株式会社アニマ代表:笹原 晋也氏 インタビュー  『キャラクターアニメーションにおけるモーションキャプチャーについて』

CGプロダクションのトップランナーである株式会社アニマの代表である笹原さんへのインタビューシリーズです。過去記事は下記をご参照ください。

5回目となる今回は 「アニメーションキャラクターを動かすモーションキャプチャー」をテーマにお伺いしました。

↓以下インタビュー内容↓

キャラクターアニメーションを制作する方法は大きくは2つあります。

手付けアニメーション:
アニメーターが3DCGソフトを使ってアニメーションを作成する方法
モーキャプもしくはキャプチャ:
モーションキャプチャーを使ってアニメーションを作成する方法です。

今回は【モーションキャプチャー】についてご説明します。

モーションキャプチャーとは、実際に演技をする役者さん(モーションアクターもしくはアクター)の動きをセンサーで読み取り、読み取った動きをアニメーションに起こすことを言います。

読み取り=撮影は以下の流れで行います。

1: モーションキャプチャースーツを着たアクターが、付けたいアニメーションを実際の動きで演技する
2: (1)の動きをセンサーで読み取る
3: (2)で読み取った動きをアニメーションに起こす

モーションキャプチャのスーツには体中にセンサーが付いています。
(×の部分や靴に付いている白いまるいものがすべてマーカーです)

アニマでは最大6人まで同時撮影が可能なキャプチャスタジオを社内に設けており、テスト映像を撮影する際は社内のスタッフが演技をすることもあります。

撮影された演技はこのように画面に表示されます。

モーションキャプチャーは、人間に近い等身のアニメーションの作成に効率的な手段とされています。ここ最近は人間に近い等身のアニメーションを作成する機会が多かったので、使用頻度が高かったです。とはいえ、まったく手付けアニメーションを使用しないという訳ではなく、制作する絵作りやボリューム、スケジュールによって手付けアニメーションとモーションキャプチャーをそれぞれ使い分けています。アニマの場合は比較的モーションキャプチャーにすることが多いです。

前回ご説明した「制作スタイル」の観点からみると、
・リアルなCGアニメーション”を制作する際はモーションキャプチャー
・手書き系のCGアニメーション”を制作する際は手付けアニメーション

を使用することが一般的でした。一昔前は、手書き系CGアニメーションでモーションキャプチャーが使われていると「見た目はセル調なのに動きがリアル過ぎて気持ち悪い」とよく言われていました。

しかし、最近ではVtuberの登場やモーションキャプチャーを使ったCGのアニメ作品も多くなってきたことからユーザーが違和感を感じることが少なくなり、以前よりも受け入れられるようになってきました。こういった影響からか、最近はセル調のCGアニメーションにもモーションキャプチャーが多く使用されるようになってきました。

他にも、コストの面からモーションキャプチャーが選択肢に入ってきたこともあり、セル調のCGアニメスタジオもモーションキャプチャーシステムに興味を持っているようです。どの会社も独自のカラーを出しつつ、作業効率的な面では作り方を各社寄せてきている印象を受けました。

アニマでは昔からセル調のCGアニメーションでもモーションキャプチャーを使っていたので、業界のトレンドのほうがアニマに近づいてきてくれたのはとても光栄なことですね。これからも新しいことにはチャレンジしていきたいです。

ますます熱くなるアニメビジネス分野


CGアニメーションでの表現方法が多彩になりコスト面も様々な手法でコントロールが可能になっていることから、一般企業もマーケティング活動なので活用しやすくなっています。一方で、一般企業からするとアニメ業界とどのように仕事を始めていいかわからない面もあるという思いから、セミナー&ビジネスマッチングイベントを開催致します。

開催日時:2019年3月7日(木)17:00~20:30 (開場 17:00 開演17:30)
場所  :日本経済新聞社 東京本社ビル2階 SPACE NIO
参加費 : 一般      6,800円
    電子版有料会員 4,800円
登壇者:平澤 直氏(アーチ株式会社 代表取締役)、林 龍太郎氏(株式会社博報堂 ガリガリ編集部所属 コンテンツディレクター・編集者)、青山 龍氏(ソニーモバイルコミュニケーションズ 株式会社) 他



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとーー(アントニオ猪木風
12

井木康文 (日本経済新聞社)

日本経済新聞社デジタル事業部の井木康文です。NサロンとCOMEMOディレクター。 アニメビジネス・野球・新日本プロレス・eスポーツビジネスなどのイベント企画がメインの業務です。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。