紙幣3148176

消費税をゼロにしても成長率は高まらない

「消費税率をゼロにしたら、景気が良くなって経済成長率が高まって給料が上がる」と考える人もいるでしょうが、それは難しいでしょう。
巨額の減税をすれば景気が過熱するので、インフレ懸念から日銀が金融引締めで景気をわざと悪化させてしまうからです。
猛烈な買い控えと反動増で景気が大混乱する、というリスクもあります。
消費税率を少しずつ引き下げていく、というのであれば検討の余地はありそうです。私としては、代替財源は相続税(特に子も配偶者もいない場合)が良いと思っていますが。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

塚崎公義(久留米大学教授)

2005年まで、銀行員として、主に経済調査関係の仕事(景気の予想屋など)をやっていました。 現在は久留米大学商学部の教授ですが、堅苦しい理論の話より、景気や経済の話、資産運用の話など、役に立つ経済の話を中心に投稿していきます。よろしくお願いします。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。