見出し画像

生命保険金を前借りする人生決済と多様な老後設計

 生命保険は死亡後でなければ受け取れないため、存命中に第三者が買い取るビジネスが米国では登場している。日本でも「生命保険を買い取って貰いたい」というニーズはあるものの、現状の買い取りビジネスは難航している。生命保険の買い取りを成立させるには、保険の受取人を「買い取りをした者」に名義変更しなくてはいけないが、保険会社側がそれに難色を示しているためだ。

生命保険買い取りニーズの根底にあるのは、契約者が保険料を毎月払い続けていても、中途解約をすると、返戻金は大幅に減額されてしまうことである。掛け捨て型の定期保険は、中途解約した時の返金は微々たるものであるし、貯蓄性のある終身保険でも、払い込んだ金額の60~70%にしかならない。

【生命保険で人生の決済をする方法】

 日本では生命保険の売買は難しいが、存命中に生命保険を活用するには、大きく分けて3つの方法が考えられている。

1つ目は、保険会社が用意している「リビングニーズ特約」という制度を活用することだ。この特約は、医師から余命6ヶ月以内の告知を受けた場合に、死亡保険金の一部、または全額(金額の上限はあり)を、生前給付金として保険会社に請求することができる。つまり、存命中に自分の生命保険を受け取ることができ、税制面でも非課税の扱いになる。資金の使い道についても制約はない。

ただし、余命宣告を受けなければ利用できないのが最大のネックであり、末期の患者でも、生きる希望は捨てたくないという人が大半のため、実際の請求件数はそれほど多くない。リビングニーズ特約の存在自体も、広くは知られていないのが実情だ。

【独身者の介護問題と生命保険の活用】

 2つ目の生命保険活用策は、親族間で保険金の譲渡取引をすることである。保険会社のルールでは、保険金の受取人は、配偶者または二親等以内の血族となっていることが多い。二親等には、祖父母、父母、兄弟、自分の子供、孫までが該当する。

しかし、独身者には、配偶者や子供が存在しないため、親が亡くなった後の保険受取人は、兄弟姉妹しかいなくなる。それも、自分と年は大きく離れてはいないため、保険金を渡す相手としてはベストではない。そこで、老後のサポートをしてもらうことを条件に、甥や姪を保険金の受取人にするという選択肢が浮上してきている。

甥や姪は3親等になり、本来は受取人に指名することはできないが、独身者の場合には、特例として認める保険会社が増えている。保険受取人の名義変更は、遺言書よりも手続きがしやすく、複数の甥や姪がいる場合は、割合を決めて分配することも可能だ。

【事実婚パートナーに保険金を残す方法】

さらに3番目として、家族や親族以外にも保険金を渡せる仕組みとして使えるのが「生命保険信託」の制度で、一部の保険会社や銀行が普及を進めている。生命保険の契約者(本人)は、信頼できる相手(信託銀行)を受取人に名義変更をする。信託銀行は、本人が亡くなった後の保険金を管理して、実際に保険金を渡したい人へ、一括または定期的に支給していくものだ。

入籍はしていないが、事実婚のパートナーに保険金を残したいというニーズは、LGBTのカップルを含めて少なからずある。従来の保険契約では、戸籍上の関係が無ければ、受取人に指定することは難しかったが、生命保険信託の仕組みを利用すれば可能になる。

多様化する社会の中では、離婚や事実婚は珍しいことではないし、晩婚化の傾向も顕著になっていることから、生命保険の活用プランにも変化が生じてきていることは間違いない。このトレンドは、掛け捨て型と貯蓄型を合わせて、国内で 約680兆円の契約高がある生命保険の行方に、大きく影響するものである。

■JNEWS関連情報
投資家が着目する余命分析と生命保険買い取りビジネス
保険業界の変革で求められる保険数理の専門職
保険契約を一括管理できる保険ウォレットアプリ
中途解約で損をする生命保険のカラクリと保険見直しサービス

JNEWSはネット草創期の1966年から、海外・国内のビジネス事例を精力的に取材、会員向けレポート(JNEWS LETTER)として配信しています。JNEW会員に対しては、副業や起業、新規事業立ち上げの相談サポートも行っています。詳細は公式サイトをご覧ください。



この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?