見出し画像

「副業」なんてやらない方がいい。

先日、週刊SPA!の「複業で稼ぐ!」特集でインタビュー頂いた内容がWeb版で記事になってました。

https://nikkan-spa.jp/1507419?display=b

"「エン・ジャパンの調査だと、約8割の社会人が複業に興味を持っている一方で、そのうちのほとんどの人は『何をしていいかわからない』って答えてるんです。今はそんな“複業難民”が大量発生している」「楽して稼ごうというマインドが先行しすぎて、“副業詐欺”に遭うんですよ。ツイッターとかで副業って検索すると出てくる変な広告に引っかかったりするんです。『毎日5分で月30万稼げる』みたいな詐欺商材が山ほどあるので"

世は空前の副業ブーム。

僕は「複業研究家」だなんて名乗っているので、「副業マンセー野郎」だと思われることが多いのですが、

違います。

立場上、副業についての相談を毎日のように受けていて、のべ500人以上の副業の相談に乗ってきたのですが、7割以上は

「だったら、副業やらない方がいいですよ」

と返答しています。早朝・深夜・土日祝日で時給900~1000円で時間の切り売りをする、なんていうのはもってのほかなので、「副業やるならアルバイトではなくフリーランスで」とお伝えしているのですが、こちらもなかなか茨の道です。

こちらを御覧ください。

© souta6954

上記は

「副業の損益分岐点」

と呼んでいる図なのですが、よほど専門性が高くない限り、実績がほとんどない

「アマチュアフリーランス」

からスタートすることになります。アマチュアフリーランスは実績がないため、ハイクオリティなアウトプットを出すことは難しい、もしくはハイクオリティなアウトプットを出せたとしても、それを証明するポートフォリオがないため、どうしても安い金額でお仕事を受けざるを得ません。場合によっては無報酬になることもしばしば。↑のツイートにも書きましたが、副業をはじめた初月は62円、2ヶ月目は360円でした。

https://twitter.com/souta6954/status/1043258622128447488

時給換算したら、時給1000円どころか時給10円以下でした。現代の蟹工船かよ…!

時給10円でもブログが続けられた理由

なぜ時給10円でもブログが続けられたのか?その理由はシンプルで

「お金を稼ぐことが目的じゃなかったから」

です。

https://goo.gl/cjseFC

5年前の2013年5月12日に書いた記事。文章のクオリティやらなんやら全部微妙なので非常に恥ずかしいですが…

ブログをはじめた理由を、こう綴っています。

・アウトプット(発信する、人に伝える)する力をもっとつけたい。・インプットをより強固なものにするために、アウトプットをしたい。(自分が何かを覚えるには、人に教える=アウトプットすることが一番だ、というのは学生時代に体験的に学んだことでした。)ということで、ブログを書くことにしたのでした。

上記は「オモテ」の理由です。「ウラ」の理由は、新規事業の部門へのキャリアチェンジをしたかったものの、本業を頑張るだけでは難しいことがわかり、社外で「マイクロ事業を立ち上げて軌道に乗せる」経験を積みたかったから。

欲しかったのは、お金ではなく経験と実績だった

ということです。

今週、日テレ theSOCIALに出演させていただいた際もお伝えしたのですが、

「先義後利」

という考え方をぜひ大切にしたいなと。

http://www.news24.jp/articles/2018/09/19/07404477.html

以前、COMEMOでも

「複業家に贈る5か条」

としてコラムを書いています。

https://comemo.io/entries/9324

「ラクしてお小遣いを稼げる」ほど、ビジネスは甘くありません。

「お金を稼ぐ」ことだけが目的なのであれば、本業の仕事で成果を出すことにフルコミットして本業で給料を上げるほうがよっぽど効率的です。

「お金を稼ぐためだけ」の副業なら、やらない方がいい。心からそう思います。

#あわせて読みたい

https://comemo.io/entries/8409

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぼくもスキです!Twitterでツイートしてくれたらリツイートします!
3
複業研究家/HRマーケター。元学生パパ。株式会社HARES代表取締役。NPO法人ファザーリングジャパン理事。32歳3児(12歳👦🏻/8歳🧒🏻/4歳👧🏻)の父。首都大学東京法学系卒。お仕事の依頼は→ s.n@hares.jp

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 7315本

日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。