見出し画像

外出自粛中に自宅で行える副業テーマの見つけ方

新型コロナウイルスの影響により、雇い止めや店舗の休業により収入が減少する世帯が増える中、目減りした給料を補える収入源を新たに確保することは、各家庭にとっての新たな課題になってきている。毎月数万円の臨時収入があるだけでも、家賃や住宅ローンの支払いに充当することができ、家計の資金繰りは随分と楽になる。

幸いにして、ネット上には自分のスキルや作品を収益化できるプラットフォームは多数あり、自宅で行える副業テーマは色々と見つけられる。

日本国内でリモートワーク案件の仲介するクラウドワークスでは、2020年3月の新規法人発注者が、前年同月比で152%増加したことを発表している。発注案件の中でも「動画制作」の依頼が急増しているのが特徴である。

画像1

背景にあるのは、消費者の外出自粛が続く中、動画コンテンツの視聴回数は伸びていることから、YouTube等への動画投稿を開始する企業が増えていることだ。 しかし、現在は新しい人員を増やしにくいことから、フリーランスや副業者を含めた外部人材への発注が行われている。

企業の動画制作案件の中でも、2020年3月以降に依頼が増加しているのは「広告・PR用の動画広告(漫画での制作)」、「広告・PR用の動画広告(撮影した実写での制作)」、「イベント・セミナー動画」などで、商品やサービスの特徴をわかりやすく紹介できる動画の編集スキルのある人材が求められている。

個人のフリーランス(副業者を含む)に発注される動画制作の相場は、内容によっても異なるが、クライアントから渡される撮影済みの動画素材に対して、サムネイル作成、テロップ、BGMや効果音などを挿入して10分程度のYouTube動画に仕上げる仕事は、1本3,000~5,000円が相場だ。仕事のクオリティが高ければ、同じクライアントからリピート注文が入りやすいため、月々の安定収入源になる。

ただし、動画編集の仕事を多くの副業者が手掛けるようになれば、受注相場は下落することになるため、単純な編集作業だけではなく、ユニークなイラストを商品説明の動画に挿入できるなど、独自のスキルを加えることが、単価の高いフリーランスとして活動していくための肝になる。

また、手芸が得意な人にとっては、ハンドメイドのマスクを販売することが、新たな副業になっている。メルカリやハンドメイド作品の販売アプリ「 Creema(クリーマ)」でも、ユニークなハンドメイド・マスクが多数出品されている。

全国的に市販マスクが入手しにくくなっていることは周知の通りで、ネットでは高値で販売する悪質業者が横行した。そのため、2020年3月3日に改正された「国民生活安定緊急措置法」では、家庭用、医療用、産業用のマスクが規制の対象となり、マスクの転売行為は禁止されるようになった。

画像2

しかし、個人がハンドメイド・手作りで制作したマスクを、制作者自身が適正な価格で販売することについては、違法行為に該当しないことが、経済産業省のQ&Aでも解説されている。

画像3

マスク転売規制についてのQ&A - 経済産業省

Creema(クリーマ)の中では、生地の耐久性、装着のしやすさ、デザイン面などで工夫を凝らしたハンドメイドのマスクが多数出品されており、価格は1個あたり500~1500円の相場で販売されている。人気の商品には多くの注文が入っており、予約制の販売になっているほどだ。ただし、マスクは性能面でも一定レベルが確保されていることが重要で、Creemaの運営事務局でも、日本衛生材料工業連合会が示す品質基準に則ったマスク製造を、個人作者に対して呼びかけている。

画像4

Creema(クリーマ)に出品されるハンドメイドマスク

ハンドメイド・手作りマスク作品の管理体制強化と、マスク不足サポート継続のお知らせ

このように、コロナ感染防止で外出ができない状況の中でも、自宅で行える副業テーマは見つけることができる。いずれも、商品として通用するスキルを持つことが、収益を稼ぐための条件となるが、「自分が好きなこと」でなければ、努力を継続することは難しい。外出自粛の期間が続くのを前向きに捉えて、自分の好きなテーマで副業にチャレンジしてみるのは、趣味と実益を兼ねた自宅での過ごし方として有意義な時間になるだろう。

■関連情報
パンデミック最前線で働くギグワーカーの報酬システム
在宅勤務で再考されるオフィスの役割と費用対効果
新型コロナウイルスによる中止イベント救済プログラム
新文化として広がるライブ配信の楽しみ方と収益構造
JNEWS公式サイト

JNEWSはネット草創期の1996年から、海外・国内のビジネス事例を精力的に取材、会員向けレポート(JNEWS LETTER)として配信しています。また、JNEWS会員読者には、コロナ危機に立ち向かう副業の立ち上げ、経営者の事業転換や新規事業立ち上げなどの相談サポートも行っています。詳細は公式サイトをご覧ください。



この記事が参加している募集

#おうち時間を工夫で楽しく

95,424件

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?