見出し画像

【創造力に国境なんてない、アート市場を切り開く新進気鋭なスタートアップ】

アーティストが営業・販売まで全て行う事は難しい。アーティストの本業に集中できている人が一体どれだけいるのだろうか?

最近では、その現状を改善しようと様々なベンチャーが生まれているようだ。

そこで今回は、アーティストが本業に専念できるように、最先端のテクノロジーを用いてアート市場を切り開こうとしている、TRiCERAの井口さんにお話を伺いました。

池田
「どのような方針で活動なされておりますか?」

井口さん
「大きく分けると、二つの活動をしています。一つ目に現代アートの越境ECです。
二つ目は、創作活動の支援です。
私は創造力に国境なんてないと思っています。世界を目指すアーティストを支援したい!
その思いで創作活動の支援に取り組んでいます。

池田
「どのようなアーティストと組んでいきたいと考えられていますか?」

井口さん
「勿論ビジネス的には、売れるアーティストと組みたい。だけど、魂を震わせるようなアーティストがほしいんだ自分の人生を震わせてくれるようなアーティスト!

結局、ビジネス視点から言うと、売れるアーティストを推していかなくてはならない事もある。だけど、一緒に熱い思いをもってやってくれるアーティストと組みたい。

もし、失敗しても『俺はやりきったな』と言えるような人生でありたい。

池田
「アートの起業をなされる前に、どのような活動をなされて来たのですか?」

井口さん
「今まではナイキで働いていたのですが、その際にサプライチェーンの知識に携わっておりました。
オンラインとオフラインの融合に取り組んで来た経験を活かし、
日本にいながら、オンラインの世界でアーティストが活躍できるようになれるようにしていきたいと思います。下図参考 

とはいえ、オフラインも大切です。
国外の展示会にアーティストが低コストで出品できる仕組みを作りたいと思います。

具体的には、アーティストは一番気に入っている作品数点を海外に持っていきます。
それ以外は、EC(iPad等使用)で売るという方法です。これなら、一番最小限のコストで海外で展示会をできます。

井口さん
「大企業、中小企業はアーティストの作品をデザインとして活用する事を求めていると思っております。
ただ、日本の企業は、1年くらいデザインに取り込むのに時間がかかってしまうのが現状です。
だが、私の今までの経験や実績で、海外企業とのコラボが素早く可能となるのではないかと考えております。
アーティストに新しい可能性を与えられたら幸いです。」

池田
「井口さんはどのようなビジョンを描かれているのですか?」

井口さん
アジアといえば、TRiCERAになりたい。現実的にも、戦略的にも世界を取りに行きたい。

また、日本のアート市場の現状を社会に働きかきたいと思っています。
だから積極的に、『逆輸入』を増やしていきたい。
そういう状況になったら、「日本として海外に日本のアーティストがどんどん流出しているのってどうなの?」っていうのを訴えかけていきたいと思っている。」

池田
「いつ頃から、アート市場に対する違和感に気づき始めたのですか?」

井口さん
「実は、この事業を思いついたのが昨年の11月です。アーティストのキャリアの難しさはおかしい、改善できないかと思いました。下図参考

そして今年3月にサービスを開始しました。アートのバックグラウンドを持っていなくても、本気で学んだら道が見えてきた。」

池田
「ええ!?物凄いスピード感ですね。」

井口さん
「アジアに、世界のアートのエコシステムを築くんだと、火が付いたので!

また、この企業は300年続くような会社にしたいと考えています。人間は生きられる年数が限られていると思います。だけど、企業はもっと生きられると思っています。現状には人間の寿命よりも短期間で事業が終わってしまう企業が多いですが、企業という形だからこそできることがあると考えております。
とにかく、会社もサービスの続ける事を大事に考えています。サービスを利用してくれているアーティストや購入者の方を何よりも大切にしたいからです。

会社の事を考えなくては辞めなくてはならない事業も、社会のために続けていかなくてはならないと思っている場合は、いかに継続していくか、常に考え抜いていきたいと思います。」

池田
「最終的に、どのようなアートのシステムを築きたいと考えているのですか?」

井口さん
アーティストの独立を促すシステムを築いていきたいと考えています、
前に一歩踏み出して、もがいてもがいて、本当に目指したいものに向かってほしい。
私はビジネスサイド側から、アーティストが本当に独立して活躍できる仕組みを築きたい。」

【最後に】
わたしは、アート市場への課題は数多くあると思っております。また、ITの発展により販売方法も多様化する中で、アーティストもそれに応じた販売方法を考える時代になってきました。
そんななかで、ITを活用し、アーティストが活躍できるシステムを築こうとされている井口さんの活動に強く共感しました。

従来はアーティストは個人で営業するか、もしくは、プロモーション力のあるギャラリーと組んで販売するしか選択がなかったのですが、どちらにしろ、活動のはじめから、本業に専念できるアーティストはほとんどいなかったと思います。

ギャラリーと契約する場合は手数料の問題などが生じる事もあり、また展示スペースを借りるには駆け出しのアーティストには負担が大きい。そんな問題を、テクノロジー用いて解決していこうとする活動に今後も注目させていただきたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わわわ!!!!ありがとうございます♡
18
現代アーティスト/日経電子版トップ掲載 計13回/FBページで投稿した絵画「花」は世界中から反響があり100万いいねを突破する/世界一感動するアートメディアを創る アート作品▼https://www.instagram.com/mayuikeda_artist/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。