見出し画像

「海外に行かないから英語は必要ない」は本当か

日本に留学する外国人を日本企業が採用することが難航しているという。その大きな原因は日本語能力の問題、ということだ。


日本語能力試験で N1という非常に高いレベルの日本語を使えないと日本企業は採用を見送っているのだという。N1は試験の最高レベルであり、英検で言えば1級に相当すると考えてよいだろう。

この問題は、(英語に比べて)外国人留学生に対する日本語教育が不十分なことが原因、という考え方もあるようだが、本当にそうだろうか。

英語と日本語を比べた時に、まず世界の中で使われている人口の違いがある。英語はネイティブスピーカーでも約4億人、母語につぐ第2言語として使っている人が10億人以上、広く英語話者と捉えると17億人という。英語は言ってみれば世界共通語として機能しており、残念ながら日本は例外がもしれないが、大学卒業レベルの人が一定の英語を使って業務をこなすことはもはや標準的といってよいだろう。

一方で日本語は、日本国内に使う人たちがほぼ限られてしまう。言ってみれば「日本語圏」はイコール日本国内ということになり、これが英語のみならず、例えばスペイン語のようにスペイン国外でも使われている言語との決定的な差ということができるだろう。つまり、日本語を勉強しネイティブレベルに使えるようになったところで、日本国内以外ではこのスキルを活かす場所がないということである。その上、日本は人口減少に入っており今後日本語話者の数は減っていくことになる。さらに日本はすでに経済面でも中国に抜かれて世界第3位のポジションにあり、経済成長の将来性でも疑問符がついてしまい、年収はOECD平均を下回っている。

こうした中で、外国人留学生の日本語学習環境を整えることによって、もっと日本語を勉強してもらおうと考えることは、一般的に言えば現実的な対策にはならないだろう。時間をかけて学んでも、広く使えるわけでもないし、稼げる金額も高くない。つまり「コスパ」が悪く「つぶしが効かない」のである。

むしろ、日本は圧倒的に遅れている「内なる国際化」を、時間をかけてでもこれから進めていかなければならない、と個人的には長らく思い続けている。これは単に人材を海外から採用し、日本国内で働いてもらうためだけではない。上にも述べたとおり、今後日本は人口が減って国内経済のマーケットが縮小していくことになる。その時に海外にマーケットを求めなければ日本の経済力はさらに縮小してしまう。この時に海外に出ていくために必要なことは、まずは英語を使ったコミュニケーション力であろう。

自分の経験からしても、世界の主要国のビジネスパーソンで、英語でまったく業務にならないということはむしろ例外的だと言ってよい。そして、メールやチャットなどの文字ベースでやり取りをすることが増えている昨今では、自分のペースで文章を読んだり書いたりすればよいので、話したり聞いたりするよりもハードルは低い。

よく英語を「話せる・話せない」という言い方をするが、実際のビジネスでは聞く・話すことよりも読み・書きの方が重要であると思うし、聞いたり話したりすることが苦手なら、読み・書きのやり取りに移してコミュニケーションをとる方法もある。 そして、発音のネイティブっぽさにこだわることも、日本人特有といってよいように感じる。そこにしばられて話すことをためらい、諦めている人も少なくないのではないだろうか。多くのノンネイティブスピーカーは、自分の母語らしい発音で臆することなく英語を使っているのが現実なのだが。

また機械翻訳も AI などの進展によって改良され精度が増してきている。AI が発達することによって、人間が言語を学ばなくても AI による翻訳によって意思疎通ができるようになる、という見方もある。もちろんこれも部分的には正しいと思うが、本日現在においては残念ながらまだそこまでに達してはいない。そして世界の言語の中で見れば、必ずしも使う人数が多いとは言えない日本語(上位10位には入るようだが)に関してこうした AI の翻訳エンジンの精度が高まってくる時期は、話者・利用者の多い他言語に比べれば遅くなることが予想される。これは言語利用者のシェアが小さい以上、仕方のないことだ。

そして、ロボットの適用範囲などにも見られる通りで、言語使用のあらゆる面で AI 翻訳がカバーするかというと、そうではないように思う。例えばちょっとした休憩時間に雑談をしたり食事中に話をするといったことが、人と人の関係を深めたり信頼を厚くしたりすることに大変有益だと思うが、こうした会話を AI を挟んだもので賄えるのかどうかについては、私は、少なくても当面は、なかなか難しいのではないかと思っている。

いずれにしても、自分は海外に行かないので英語が使えなくて構わない、と言っていられる時代は、ビジネス面ではすでに過ぎ去ったのではないか。もちろん海外とのビジネスを断念し、外国人を採用することもなく、また自社の商品やサービスを海外に売ることもなく、日本経済の縮小とともに自社も縮小消滅していく、ということを受け入れるのなら別の話なのだが。

私自身も、海外在住や留学といった経験もなく、社会人になってからの本格的な英語習得で、正直に言えばいまだに英語には苦労している。それでも、英語を学んだことで自分が得られるチャンスが格段に広がった。

せっかく身につけるなら早いほうがいいと思う。多くの人が出来るようになってから学んでも、それは「他人並み」になることでしかなく、マイナスからゼロになることではあってもプラスの評価にはならないからだ。

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?