賃金は企業の経常利益に一年遅行

細かい話は抜きにして、名目賃金の前年比と、一年前の法人企業統計の経常利益前年比との間には明確な正の相関関係が検出されます。ということは、今年の賃金は昨年の経常利益に大きく影響を受けることになるわけですが、昨年は特に前半に経常利益が円高株安の影響などから前年比マイナスでしたので、中々こうした状況では今年度の賃金は厳しいでしょう。しかし、昨年後半以降の経常利益は明確に回復してますので、このまま順調にいけば、むしろ来年の春闘は期待ができるでしょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21968470W7A001C1MM0000/

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?