「昇進したくない」症候群の衝撃

 企業や役所、そして学校でも「管理職に昇進したくない」という人が増えている。管理職希望者が不足し、半ば強制的に昇進させているところもあるくらいだ。

 管理職になると責任は重くなるが給与はそれほど上がらない。わずかな管理職手当をもらっても、残業手当が付かないので手取りは減少する場合もある。それでは割に合わない、というわけである。

 とはいえ、それは今に始まったことではない。背景にある大きな変化は、昇進が承認欲求を満たす手段として力を失ってきたことである。立身出世主義の時代をはじめ、かつては昇進こそ承認欲求を満たす最大の手段だった。高い地位に就けば統率力があり、人格的にも優れていると見なされた。ひと言でいえば「偉い人」なのだ。だから少しでも高い地位に、少しでも早く昇進しようとがんばったのである。

 ところが近年は、ある種の平等主義や下克上文化の影響もあり、高い地位に就いている人が必ずしも優秀だとも、人格的に優れているとも見なされなくなってきた。努力して昇進できたとしても、承認欲求が満たされなくなったのだ。

 「管理職離れ」は組織にとって危機的な状態である。なぜなら、とくに日本の組織はみんながそれなりに昇進を望んでいることを前提に動いているからである。上司や周りから評価され、昇進したいと思っているので給料や手当に反映されなくてもがんばって働くし、忖度もする。昇進に対する期待こそ、組織にとって使い勝手のよいインセンティブだったわけである。そのインセンティブが使えなくなると、日本の組織は機能しなくなる。

 海外では日本よりも管理職志向が強く、「管理職になりたくない」という人はまずいないという。それは管理職になると大幅に給料が上がり、しかも負担はそれほど増えないからである。

 昇進で承認欲求を満たせなくなった以上、わが国でも金銭的報酬という正のインセンティブを大きくし、同時に労働条件や責任といった負のインセンティブを小さくしていくしかない。とくに役所や学校のように「名誉」や「偉さ」でやる気を引き出してきたところは、代替手段を真剣に考えるべき時期にきている。そして国民や市民もまた、トップや管理職に対する過剰なバッシングが長期的にどんな結果をもたらすか、理解しておくことが必要だろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「個人」の視点から組織、社会などについて感じたことを記しています。

ありがとうございます。
9

ohtahajime

同志社大学教授。専門は組織論。個人を重視する組織・社会づくりが研究テーマ。 新刊『「承認欲求」の呪縛』(新潮新書、2019/2)のほか、『「ネコ型」人間の時代』(平凡社新書)、『なぜ日本企業は勝てなくなったのか』(新潮選書)、『個人尊重の組織論』(中公新書)など著書は30冊余。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...

コメント1件

組織にとっては以下も大きな問題ですね。
「高い地位に就いている人が必ずしも優秀だとも、人格的に優れているとも見なされなくなってきた。」
本人達がそれを感じ始め、立場を守る為に権威をふりかざす例も増えているように思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。