人工知能の登場?第4次産業革命?新文明?

 明らかに、私たちは「私たちのスキル」と「現在の会社で必要とされているスキル」のGAPに面しているのでしょうね。そして、この記事の視点、整理も否定はしませんが、視点によって、答えが変わることだけを整理しておきます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38025140R21C18A1SHE000/

この一橋大学の鷲田祐一教授の視点は、人工知能や高度なコンピューターの登場を背景にしており、その場合クリエイティブ人材の育成を一つの答えにしています。

一方、少し次元を挙げて、この背景を「第4次産業革命」とするならば、そもそも産業構造が変化するので、人材育成ではなく、企業や組織の再構築が答えになるかもしれません。

さらに、今起きていることが、世界4大文明、つまりメソポタミア文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明に匹敵するような新しい文明だとしたら、私たちの生き方の再定義が答えになるかもしれません。

私は、このように今起きていることをさまざまな視点で考え、そしてさまざまな答えを考えることも、重要なのではと考えるようになりました。それくらい、今起きていることを大きな事な気がするのです。そして、残念ながら起きていることを客観的に考えられるのは、後世の人たちで、私たちではないことも重要な点だと考えています。

もし良ければ、サポートをお願いします。今後の執筆のための、調査費用などに、有効に活用して、記事としてお戻しします。