見出し画像

平成時代に無くなった仕事、令和時代に生まれる仕事

平成時代、JRの改札で切符を切る駅員が日本中のどの駅にも多数いたのに、一気に無人化が進んだり、公衆電話前にあれだけ行列があったのに、携帯電話の普及で誰も使わなくなって来た歴史を思えば、自動運転でタクシー運転手が不要になったり、無人レジや顔認証決済の普及でコンビニも無人化されたり、ドローンや自動運転車での集荷/集配/配達で配達員も不要になったり、オンライン教育が進んで教師の数が激減したり、という未来も確実に来るな、と思う。一方で、この記事にもあるように、人は暇な時間が増えると思うので、カウンセリング的な仕事やエンターテイメント関連の仕事は増えそう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

重松大輔@「貸切できる場所なら」スペースマーケット

1976年千葉県生まれ。早稲田大学法学部卒。 2000年NTT東日本入社。 2006年、株式会社フォトクリエイトに参画。 2014年1月、株式会社スペースマーケットを創業。お寺、野球場、古民家、オフィスの会議室、お化け屋敷などユニークなレンタルスペースのマーケットプレイスを展開。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。