新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「つるし上げ」の息苦しさから、ベクトルを変えてみる

相変わらず、感染した方へのバッシングが続いてる。

もちろん、メディアの報じ方の問題、責任も大きい。報道に携わる人間として、「その報じ方でいいの?」「それを報じる必要があったの?」と問わなければならないところだと思う。

ただ、どんな情報を受け取ったとしても、それは寄ってたかって誰かをネットリンチするためのものではないはずだ。「社会の反感」を買った人間には、何をしても許されるかのような誹謗中傷の数々を前に、私たち大人は子どもたちに「いじめをやめよう」と、どこまで説得力を持ち語りかけられるだろうか。

そして、ネット上での暴言は、実際の暴力と直結しているように思う。例えば、感染者の家に石が投げ込まれたり店舗に嫌がらせの貼紙が貼られてしまったり、ということが相次いで報じられてきた。

私の近所のお店も、慣れないテイクアウトメニューに切り替えたり、忙しい合間をぬって申請作業をこなしたり、皆ずっと気を張り続けている。その上に、何かバッシングを受けるのではという緊張がふりかかる。負担は計り知れない。

法を犯すようなことをしてまで「やめろ」と主張する行為は、社会のためというよりも、自分自身の感情の発散が目的化してしまっているように思う。

こうして社会が委縮していくことによって、体調を崩している人がますます、声をあげづらくなるかもしれない。結果的にそれは、彼らが望むような「感染防止」の妨げになってしまうはずだ。

そもそもこの、「自分は我慢してるのに、あいつは我慢してない」というような過度な”監視”は、矛先を誤っているのではないかと思う。本来、監視すべきは「安心して休業して」といえるだけの支援策が遅れに遅れている政策の方ではないだろうか。

辻田真佐憲さんが書かれた「脅迫・中傷・投石・落書き・密告…多発する「コロナ差別事件」の全貌」ではこうした指摘がある。

「日本で「自粛要請」が機能するのは、「民度が高い」からではなく、このような「道徳自警団」や「自粛警察」の私的制裁が存在するからだ。しかもこれらの人々は、しばしば「地域を守るため」「家族を守るため」善意でやっている」

もちろん、誰も経験したことがない状況の中で、不安を抱いたり、ストレスを溜めてしまっている状況は致し方ないし、それ自体を否定すべきではないと思う。でもそれは、人を理不尽に攻撃していい理由にもならない。誰かを傷つけることで不安を覆い隠すのではなく、「恐れ」を抱く自分自身の内面とこそ、向き合いたいところではないかと思う。

例えば、感染者の方の報道に触れたときも、安易にその人をジャッジするのではなく、「自分自身はどういうことに気をつけて行動すべきか」と考えるきっかけにすればいいのでは、と思う。

ぎすぎすした空気を生まないためにも、自分の行動を変えていくためにも、そして「助けて」という声をあげやすい場を作るためにも、こうして「ベクトル」を変えていかなければならない時ではないだろうか。

参考:


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
150
NPO法人Dialogue for People副代表、フォトジャーナリスト。国内外で災害や貧困、難民問題の取材を続ける。J-WAVE「JAM THE WORLD」水曜日。TBS「サンデーモーニング」出演。 https://d4p.world/

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 7307本

日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。