見出し画像

飲食店においても、料理を全てそのお店で作るという考えを捨てると、新しい業態が見つかるらしい

なるほど、これは面白い。

お客さんと業者を巻き込んだお店作りかぁ。
メニュー25品目のうち、自前は5品目と言われると、冷凍食品とか安物で済ましてそうに想像されるケースは多そうですが、逆に自前では難しいものを仕入れるというのは興味深いです。

まぁでも、ここまで洗練されてないまでも、ある意味、昔の地域の店ってこういうところが多かったはずで。
飲食店といえば、当然料理はそのお店で全て作るもの、という思い込みを変えてみると、こういうアプローチが生まれてくるんですね。

飲食店も最近は店舗よりも出前やケータリングを重視していたり、ゴーストレストランみたいにケータリング特化の可能性も出てきているので、それを集めた居酒屋というのも正常進化の1つと言えるかもしれません。
飲食店のイノベーションはまだまだ色々ありそうですねぇ。

ちなみにお店のロゴもLancersで公募していたみたいで興味深いです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事を読んで、支援したいなと思っていただいたみなさん、このブログはブレストのための公開メモみたいなものですので、金銭的な支援よりは、いいねやスキボタンを押していただいたり、SNSでシェアしていただいた方が筆者は喜びます。 是非リアクションをお願いします。

何かの参考になれば幸いです(汗)
20
ピースオブケイク noteプロデューサー/ブロガー。アジャイルメディア・ネットワーク アンバサダー/ブロガー。 ビジネスパーソンや企業の、ブログやソーシャルメディア活用の可能性を日々試行錯誤してます。 書籍「顧客視点の企業戦略」や「アルファブロガー」を書かせて頂きました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。