北朝鮮と日本とアメリカ

北朝鮮情勢を巡り、前日の日経平均は一時300円安と急落、本日もリスク警戒の慎重な取引が続いています。しかし「グアム周辺への発射計画」と名指しされたにもかかわらず、ダウは36ドルの小幅安にとどまり、しかも主因はディズニーの業績不安。日本でも東証2部は続伸しています。歴史的な相場こう着に業を煮やしたファンド筋が北朝鮮に引っかけて取引の厚みがない日本株売りを仕掛けた感も否めません。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM10H0N_Q7A810C1000000/