紙幣3148176

経済を語る人には4種類あり

経済を語る人には4種類あるので、使い分けよう。

経済学者は現実より理論を重んじる傾向がある。経済を理解するためではなく、経済学を学んで地頭を鍛えたいなら、彼らをフォローしよう。

景気の予想屋は、経済指標を広く眺めて景気の大きな流れを把握しようとする。景気が知りたいなら、彼らをフォローしよう。

市場の予想屋は、日米の金融政策や米国雇用統計等、市場参加者が注目している物を集中的に追う。株で儲けたいなら、彼らをフォローしよう。

トンデモ屋は、「世界恐慌が来る」等と言い続ける。真夏の夜に怪談を楽しみたいなら、彼らをフォローしよう(笑)。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

塚崎公義(久留米大学教授)

2005年まで、銀行員として、主に経済調査関係の仕事(景気の予想屋など)をやっていました。 現在は久留米大学商学部の教授ですが、堅苦しい理論の話より、景気や経済の話、資産運用の話など、役に立つ経済の話を中心に投稿していきます。よろしくお願いします。

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。