見出し画像

最低賃金を上げても消費税を廃止しては低所得者を苦しめる

最低賃金制度は、労働時間をかけるほど仕事の成果が上がるという関係が前提となっている。同じ成果を上げるのに、人によって費やす労働時間が大きく異なるような状況には不向きな制度といえる。

今や、最低賃金制度が発達した第2次産業革命後の経済ではなく、第4次産業革命が進む状況下にある。

ギグエコノミーが進む中で消費税率が上がれば、雇用関係を結んで仕事を委ねるよりも、消費税がかかる業務委託は割高になるから、雇用関係を維持する方向に影響が及び、最低賃金制度の実効性が増す。

他方、消費税を廃止してしまうと、最低賃金が適用されない業務委託が増えて雇用関係が減り、最低賃金制度が形骸化してしまうから低所得者を守れなくなる。

そうした背景について、詳述している。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
10
東京財団政策研究所上席研究員を兼務。近著『入門|財政学』日本評論社刊/ 東洋経済ONLINE「岐路に立つ日本の財政」http://j.mp/TYKOLTD / Yahoo!ニュース個人「経済財政の核心に迫る」http://j.mp/Ytdoi

コメント1件

消費税は間接税ですので課税事業者が税のコストを負担するというのは誤りです。
自分は消費税の税務申告にも関わっていますが、税務申告書の計算ロジック上も支払った消費税がコストになることは限定的です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。