見出し画像

ブロックチェーンウォレットの良い使い道は?

ブロックチェーンに関連したウォレットが徐々に広がりつつあります。

ソフトウェアとハードウェアどちらのウォレットがビジネス的にメリットがありそうでしょうか?

オーストリアベースのセキュリティ印刷会社はハードウォレットの開発をスタートしています。

ハードウェアウォレットはYOUNIQXが開発するアプリIDを活用してWifiやNFCを通じて承認されたネットワークの構築を行います。

YOUNIQXは既にIDに関連したサービスを展開しており、MICK (My Identity Check)と呼ばれるサービスと動画のIDサービス、MIA (My Identity App)と呼ばれるサービスを統合した仕組みを提供しています。

Mordor Intelligenceの調査データによるとハードウェアウォレットのマーケットは2018年に約1億3000万ドルのマーケットに成長しており、2024年までに約5億ドルと年間24,93%の成長を見込んでいます。

仮想通貨に対する投資は徐々に増えて来ており、個人のウォレットを活用したビジネス活用も徐々に進んで来ています。

BitPayのようなNFC技術を活用したウォレットなどの誕生もユーザー体験の向上の観点から今後広がっていくだろうと考えられます。

ダイムラーはブロックチェーン企業Riddle & Codeとのパートナーシップを発表し自動車向けのハードウェアウォレットの提供をスタートする計画です。 

自動車の情報を暗号化しハードウェアウォレット上に書き込むことを目的としています。

書き込まれた情報は自動車のメンテナンスなどで適切な状態を把握するなどで活用され、特に高級車などでは車のレンタルや車検などでの利用を計画しています。

バイナンスが展開するTrust Wallet はブロックチェーンプロジェクトKyber Networkとの連携を発表しています。

バイナンスウォレットでは分散型アルゴリズム上でのトークンをベースとしたプロジェクトの連携を進めています。

ウォレットを中心にして、複数の分散型プロジェクトが接続できる仕組みの展開を進めています。

ウォレットの開発は幅広く進められており今後サービス間の接続含めた動きが広がりそうです。

コラボゲートではブロックチェーンとビジネスの研究会、新規メンバーを募っています!8/1にはFacebookのリブラをトピックにイベントも行います!気になった点は気軽にコメント、ソーシャルでご連絡お待ちしております!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ブロックチェーン技術は世界中の人たちが注目している新しいビジネスのタネの一つです!気になったら気軽にメッセージください!

今日もいいことありますように!
6

栗原宏平(コラボゲートファウンダー ブロックチェーン ...

Collabogate共同創業者CMO CollaboGateでは世界中のプロフェッショナルと仕事ができるプラットフォームの開発、技術の産業実装を目的として企業向けのワークショップや共同リサーチなどを国内外で行なっています。

分散型エコノミーの実現 by CollaboGate

AI、ブロックチェーン、IoTなどの新技術が浸透することによって新しい社会がやって来ると言われています。このマガジンは特にブロックチェーン活用事例を紹介して、新しい未来を読者の皆さんと作って行くファーストステップです!
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。