見出し画像

マーケターのための2023年イベントカレンダー

紹介するイベント

 私個人の選択ですが、以下のマーケティングのイベントを紹介します。マーケティングを考えるものや、広告を考えるもの、さらには、マーケティングよりも大きなビジネスを考えるものまで含まれています。

 これらについて、昨年のレポートとともに、以下に私の考えるイベントの特徴をご紹介します。
 なお、最初に私のイベントの活用方法をお伝えします。多くの方は、このようなイベントで、成功事例を知りたいと思っているでしょう。しかし、私の考えは、イベントの参加は、刺激を受けることであり、直接的な「答」を得る場所とは考えていません。
 もちろん、このようなイベントでは、多くの展示や、多くのトーク・セッションで、成功事例が紹介されます。しかし、その成功事例は、「過去」の成功事例なのです。マーケティングは、進行形の仕事であり、「過去」の成功は、「現在」いや、これから行う「未来」の成功ではないのです。
 私は、イベントでは、むしろ「事例」ではなく、「アプローチ手法」や、私にない「視点」を学びに行き、自分で少し悩み、明日からの仕事への生かし方を考える場所と考えています。なので、イベントで得られる情報は、その場では、「私への刺激」なのです。
 したがって、皆さんへのお勧めは、過去に参加したことのないイベントに参加すること。さらに、普段参加しないプログラムに参加することを、強くお勧めします。
 では、イベントの紹介を行いましょう

サウス・バイ・サウス・ウエスト

  アメリカ、テキサス州オースティンで開催される、「映画」「音楽」「スタートアップ」「起業」など、実に多くのコンテンツの集まる、カンファレンスです。
 もちろん、マーケティングに関するセッションも多いのですが、実に多くの人が集まるカンファレンスなので、人とのネットワークを作るのにも有効でしょう。

 日経新聞の記事にもあるように、テクノロジーに関するセッションも多く、マーケティングのデジタルトランスフォーメーションを考えるのには良い機会だと思います。そして、多くの日本のスタートアップも参加されます。

リテールテックJAPAN

 コロナ禍になり、流通には多くの技術革新が起きています。店頭のデジタル化、さらに商流のデジタル化が進んでいます。そして、日本の面白いことは、ECと実店舗が、それぞれ別な価値や意味により、共存していることです。

 次世代の店舗はどのような姿になるのかは、実はマーケティングにおいて、商品の設計、つまり商品パッケージには大きな影響を与えます。将来の店舗の姿を想像するために、有益なイベントです。

カンヌラインオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル

 多くの方がご存知の、広告に関する世界3大広告祭の一つです。広告のクリエィティブに関するイベントであることから、クリエーターのイベントと思われていると思います。実際には、それよりも広い概念のセッションが開催されています。
 おそらく、2023年も不安定な情勢の中の広告メッセージはどうするのかは大きなテーマの一つになるでしょう。また、持続可能性な社会や、社会貢献型のマーケティングもテーマになります。
 日本国内にいると、日本のマーケティングには触れられますが、このような国際イベントに参加し、他国のマーケティング手法に触れることも、このイベントの特徴の一つでしょう。

NoMaps

 最後に紹介するのは、私の出身地、札幌のイベントです。このイベントは、最初に触れた、サウス・バイ・サウス・ウエストをモデルにしたイベントです。さまざまなテーマで、カンファレンス、イベント、展示が行われ、この時期の北海道のグルメを囲みながらの交流会も多く開催されます。
 マーケティングは、ビジネス・事業の一つの業務です。このイベントでは、そのマーケターの視点や視野を、広げてくれる仕掛けが沢山あります。そして、多くの若者も参加しており、将来の日本を考えるきっかけにもなるでしょう。

最後に

 コロナ禍になって、3年になりますが、私たちはコロナとの付き合い方が少しづつわかってきたのではないでしょうか。今年は、ぜひリアルなイベントに一つくらい参加してみて、対面で議論することの意義を、再確認しませんか。
 デジタルの時代とは言っても、考え、動くのは「人」です。「他人」の考えを吸収することや、「言語化できないこと」を話し合うのに、対面の討議はとても有益です。将来の自分のために、将来のビジネスのために、今年はリアルのイベントに参加するという投資を、ぜひ行ってみましょう。

私の2022年のイベント記事



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
本間 充 マーケティングサイエンスラボ所長/アビームコンサルティング顧問

もし良ければ、サポートをお願いします。今後の執筆のための、調査費用などに、有効に活用して、記事としてお戻しします。