見出し画像

本日のパワーワード:オブジェ社員

オブジェの語源はObjectですが、何とも強い味わいがあり、インパクトがある表現です。

アートという、一部の人にはとても重要な意味があり、役に立つかというと多くの人にはそうではない存在を、仕事をして給料を受け取る人間に重ねないといけないのが、とても絶望的だと思うのです。

しかし、これは本当は年齢や雇用制度の問題ではなくて、例えば学校のサークルでもそうだと思うのですが、シニアな年齢の側に居る人(といっても大学では22歳とか)でも、立派なオブジェがいるところにはいると思うのですよね。そうではなくて、組織の目的と、ガバナンスと、メンバーシップのあり方が壊れているから、一部のメンバーがオブジェになって、他の人のリソースを食べてしまう構図が現れます。

そのミスマッチを直さないこと。例えば、労働に対する効果検証をしない制度を長期雇用制度の中で保てば、その様相はいよいよ深刻なものとなるのだと思います。が、これはひとえにガバナンスの問題です。そして、一つの組織で長く働くこととは、このような人間の難しさと対峙することも併せ呑んでいくようなことともなっているので、それも含めて事前にわかるようにしていくこと、以外にあまり議論の仕方がないのかなとも思いました。

#COMEMO #NIKKEI

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11
マネーフォワード取締役
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。