見出し画像

ブロックチェーン家電はいつ誕生するのか?

ブロックチェーンに関連する情報は毎日のように新しくアップデートされていきます。

コラボゲートではブロックチェーンに関連した情報を定期的に更新しているので、是非Facebookページもご覧下さい

4月12日にはイノベーターの皆さんと飲み会の開催も行うのでご興味ある方はご参加ください

今回は家電、アプライアンス分野でのブロックチェーンの活用事例を紹介します。

ボッシュとウィーン・エネルギーはブロックチェーン技術を活用し、冷蔵庫でどれだけ電力が消費されているかを消費者が確認できる仕組みの構築をスタートしています。これにより、より効率的に消費者が電力利用できるサービス提供を目指しています。

Proof of Originという技術が利用されていて、これは近くでソーラーパネルで発電された電力の取引を書き込むことができるものです。ウィーン・エネルギーは今後ソーラーパネルからの電力の流通を家電以外にも幅広くインフラとして提供して行く形で考えています。

Statistaのレポートから、様々な産業でIoT技術を活用したビジネス展開が起こって行くだろうと現在予測されています。2020年までにディクリート型製造業、物流、貨物分野ではそれぞれのIoTプラットフォームに対して400億ドルの投資が見込まれています。フォーブスのライターLouis Columbus氏によると今後ネットワークでの処理がより高速になるにつれて、IoT関連の技術やプライヤーが増え、新たなビジネス機会が拡大するだろうと予測しています。

中国の美的集団は日々の家庭での利用でビットコインマイニングが可能な家電に関しての特許を出願しています。スイッチの切り替えを行うことで、マイニングを行うことができ、自社の家電へのロイヤリティを上げるための技術として注目しています。

IoT商品をただ販売するだけでなく、こういったサービスと組み合わせることで、消費者が日々の活動で価値を生み出せるような仕組みが最終的企業ブランドとの関係性に大きく影響することになります。

5Gネットワークの普及に関してはブロックチェーン分野にも大きな影響があるだろうと考えられていて、特に機械同士がデバイスを通じて繋がる世界の実現は一つのトピックになりそうです。

さらに、現在のネットワーク上で発生している遅延時間の問題の解決につながると言われており、それによってデベロッパーの開発環境が向上することで幅広く技術に関連する人たちが出てくるだろうと予測されています。

実際に家電などがネットワークに繋がる時代の中で、ブロックチェーン技術が関わって行く社会は近い将来やってくるだろうと予測されています。

本日のトピックは以上で終了です!

気になった点は気軽にコメント、ソーシャルでご連絡お待ちしております!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ブロックチェーン技術は世界中の人たちが注目している新しいビジネスのタネの一つです!気になったら気軽にメッセージください!

一票ありがとうございます!
6

栗原宏平(コラボゲートファウンダー ブロックチェーン ...

Collabogate共同創業者CMO CollaboGateでは世界中のプロフェッショナルと仕事ができるプラットフォームの開発、技術の産業実装を目的として企業向けのワークショップや共同リサーチなどを国内外で行なっています。

分散型エコノミーの実現 by CollaboGate

AI、ブロックチェーン、IoTなどの新技術が浸透することによって新しい社会がやって来ると言われています。このマガジンは特にブロックチェーン活用事例を紹介して、新しい未来を読者の皆さんと作って行くファーストステップです!
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。