財審歳出改革190516

"こういうことを財務省から指摘される大学は本当に恥ずかしい"

財政制度等審議会の歳出改革部会長代理を拝命致しました。テレビカメラもある中、部会長代理として会議後記者会見に臨んだ時の模様が、上記のニュース映像(クリックすると視られます)冒頭に出ています。初会合の記者会見ながら、見事に「切り取られ」ました。

歳出改革部会・土居丈朗部会長代理:「こういうことを財務省から指摘される大学は本当に恥ずかしい」

中高生レベルの英語習得を目標とした講義要綱を指して「こういうこと」と、一大学人として発言しております。財務省がこういう指摘をしてけしからんと言うのではなく、大学側は改善に努めて財務省を見返してやればよいのです。

ちなみに、財政審では、こんな講義要綱があるから補助金を削るというのではなく、補助金の増額要求をする前に改善すべきことがあるだろうという意図です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
17

土居 丈朗(慶應義塾大学経済学部教授)

東京財団政策研究所上席研究員を兼務。近著『入門|財政学』日本評論社刊/ 東洋経済ONLINE「岐路に立つ日本の財政」http://j.mp/TYKOLTD / Yahoo!ニュース個人「経済財政の核心に迫る」http://j.mp/Ytdoi

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。