ポンドは正常化グループの通貨ではない

元よりポンドは正常化グループの通貨ではなく、スタグフレーション懸念を主因とする通貨防衛として利上げを検討する位置づけです。得てして、そうした政策運営は経済に対する自傷行為になりやすいものですが、そのような事実から目を逸らし、6月末(のドラギスピーチ)から「日銀だけ置いてけぼり」というロジックでポンドを買っていた向きは相応にダメージを被る恐れがあるかと思います。

今後のブレグジット交渉も難航必至であり、ヘッドラインに連れてポンドが下落する場面は多々あるでしょう。そのたびにBOEは利上げするのでしょうか?利上げを逡巡しながら実質所得環境が毀損していく未来が目に浮かびます。

https://jp.reuters.com/article/britain-markets-boe-idJPKBN1AJ1RB

https://jp.reuters.com/article/britain-markets-boe-idJPKBN1AJ1RB

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?