見出し画像

スタートアップにとって、大型資金調達より大変なこと

スタートアップと投資家 カネ余りで規律に緩み」(日本経済新聞2019年5月24日)

起業家として、耳の痛い記事です。

新しい事業を築くには、大きな資金が必要です。数年前までは、スタートアップが数千万円の資金を調達することすら難しく、数億円の資金調達はビッグニュースでした。

しかし、巨額の資金を調達して大きな事業を築くシリコンバレーの仕組みが理解されるについて、日本でも数十億円の資金調達も可能になりました。それでも、この記事で紹介されているような、10億円を超える資金を調達できる恵まれたスタートアップはごく一握りです。日本の多くの起業家は、今日も資金調達に奔走しています。

運良く大型の資金調達に成功しても、次には、さらに高い壁が立ちはだかります。実は、「資金を調達すること」よりも、「資金を有効に活用すること」の方が難易度が高いのです。

例えば、10億円の資金を調達したと仮定します。その10億円を有効に活用するのは何が必要でしょうか?ざっと挙げてみると、次のようになります。

(1)プロダクト作りを優先順位を決めて進めていく仕組み
(2)デジタル・マーケティングやテレビCMを大胆かつ繊細に実行していく仕組み
(3)それらの担い手である、エンジニア、デザイナー、マーケター、セールス、カスタマーサポート、コーポレートスタッフを採用する力
(4)優秀な人材が、チームとして力を発揮できるような組織づくり
(5)1円1円が有効に活用されているかを検証するためのデータベースと分析の仕組み
(6)事業の成長に合わせて、リスクや法令遵守の状況をモニタリングする仕組み

一言で言えば、「経営の仕組み」が必要となります。

スタートアップにとって、資金調達には大きな労力が取られます。(資金調達は起業家にとっての「フルタイム・ジョブ」と呼ばれるほどです。)このため、10億円の資金調達を行った段階で、こうした「経営の仕組み」がすでに出来上がっているスタートアップは極めて稀です。ですから、資金調達を完了したら、気を緩めることなく、直ちに「経営の仕組み」を築き始めていく必要があります

ところが、現実には「経営の仕組み」を築くことよりも、別のことに気を取られがちです。

起業家のほとんどは、創業してからしばらくの間、事業のアイデアやサービスの話をしても誰にも相手にされない、という時期を経験します。心理的にも経済的にも苦しい時期が、半年から数年続きます。

その後、大きな資金の調達に成功すると、周囲との関係が一変します。たくさんの人たちが「手伝いますよ」と声をかけてくれるようになります。メディアからの取材も受けるようになります。起業家は、「ようやく世の中から認められた」という感覚を持つようになります。

起業家も人間ですから、世の中から相手にされない時期が続いた後に、突然、提案を受けるような立場になると、「やっと認められた」という高揚感と安堵感から、ついついこうした話に耳を傾けたくなります

そんな精神状態でいろいろな提案を受けると、それらを鵜呑みにしてしまいがちです。分不相応なオフィス高価なロゴや「ブランドづくり」高額な営業支援システムのご提案を受けます。また、「ちょっと意見交換させて下さい」と大企業からたくさんお声がけを頂きますし、ここ数年は、日本政府から声もかかるようになりました。

(ちなみに、こうした提案をしている側も決して悪意があるわけではなく、「普段サポートしているような大企業だけでなく、スタートアップも支援したい」という善意からのご提案であることが多いです。スタートアップ向けに大きく割引をしてくれることもあります。しかし、それでもスタートアップにとっては不相応である、というのが難しいところです。)

実は私自身も、3年半前に6億円の資金調達を行った直後に大きな失敗をしており、その時の記念の品をオフィスに飾って、自分への戒めにしています。

大型の資金調達を完了したらすぐに、「経営の仕組みづくり」に取りかかることが大切です。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45207920U9A520C1SHA100/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
35
「誰もが安心して手軽に利用できる次世代の金融インフラを築きたい」という想いから、プログラミングを一から学び起業。働く世代向けに全自動の資産運用サービス「WealthNavi」を提供中。財務省→マッキンゼー→ウェルスナビ。 著書に『これからの投資の思考法』(ダイヤモンド社)

こちらでもピックアップされています

Fintech- フィンテックに詳しくなるノート
Fintech- フィンテックに詳しくなるノート
  • 26本