見出し画像

 我々は、これまで、人の行動を、機械のように標準化したり、横展開しようとしてきました。このような時代はいよいよ終わりです。

 日本の国際競争力の向上が求められる中で、国民の「働きがい」をいかに高めるかが大きな課題になっています。米国では、従業員の幸福度が生産性に影響する研究結果を背景に、チーフ・ハピネス・オフィサー(CHO)を設置する企業が現れるなど、「働きがい」を高める動きが加速しています。

 これに対し、日本では「熱意あふれる社員」の割合が6%しかおらず、139カ国中132位という結果が報告されています(ギャラップ社調査)が、現在推進中の「働き方改革」では、時間管理が中心で、従業員の働きがいを高める動きはまだ十分行われていません。

 日本には、働きがいを抜本的に高めることが求められています。これにはやり方を抜本的に変える必要があります。

 このような問題意識の中で、グロービスで行ったHRテックのセッションが公開されました。濱瀬牧子さん×牧野正幸さん×西恵一郎さん×矢野和男です。ご笑覧ください!

https://globis.jp/article/6886?fbclid=IwAR3dwvhR_HPGpdC0hCQKf7lBoINClRGqodVwwTipgrfBryKMByiI9JTZXyg

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?