新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

何かにつけてまず子どもにしわ寄せする社会にNO❗️明石市が3/16に学校再開🧒👦

政府は新型コロナウィルスの感染拡大防止策として、全国小中高の一斉休校を要請しました。


このニュースを目にした時、こう思いました。

「ああ、またこのパターンか…😭」と。


人間、困った時に本性が出るなんていいますが、僕は組織も同じだと思います。

この国は、何か困ったことがあるとそのしわ寄せを子どもにするんですよね。

「あとよろしく〜」ってなもんで

「いやだ」と言えないのをいいことに


いや、いいんですよ。

この施策を実施する合理的な理由があるなら。

でも残念ながらそうではないことは多くの専門家が指摘するところです。


この点についてはボス(フローレンス代表 駒崎)がわかりやすくまとめてくれているのでぜひご確認ください。


要点はこんな感じです。

① 重症や死亡のリスクが高いのは60歳を超えた人や高血圧や糖尿病、それに、循環器や、慢性の呼吸器の病気、がんなどの持病のある人

② 子どもの感染例は少なく、症状も比較的軽い。19歳未満の感染者は全体の2.4%にとどまっていて、重症化する人はごくわずか

③ WHOの調査チームが聞き取りを行った範囲では、子どもから大人に感染したと話す人はいなかった


つまり、専門家の調査に基づくならば、まず行うべきはどう考えても高齢者対策です。

小中高の一斉休校なんて優先順位からいったら最後の最後。


それなのに「なんでここからなの?」っていう


閉鎖するなら学校よりもリスクの高い高齢者が多く集まるパチンコ屋の方が遥かに有効だと思うんですがね…❗️


そんな政府の施策で、さっそく全国の家庭では深刻な問題が顕在化しています。

弊会が全国アンケート(有効回答8339件)を実施したところ、その実態が明らかになりました。


特にダメージが大きいのが非正規雇用で働いているご家庭や、ひとり親家庭、そして、医療的ケア児家庭です。

世帯年収が低いご家庭にとって学校給食は重要なライフラインですし、子どもを家でみようにも仕事を休んだら家計が回らないケースだってあります。

医療的ケア児の家事育児負担を両親(特にお母さん)だけが突如担うのは想像を絶するものがあります…


しつこいですが、やっぱり「なんでここからなの…!?」って思ってしまうんです。


「コロナウィルスで尊い人命が失われるリスクがあるからどんなことでもやるんだよ!」っていうご意見もわかりますが

そのための誤った対策で人が命を落とす可能性をもう少し考えて欲しいのです。


経済的な困窮による自殺、虐待、栄養失調、いくらだって考えられます。この国では多くの人が今そういうステージにいるんです。



でも、こんな政府の不合理な「要請」がありつつも、毅然と自ら考え実行する自治体も出てきています


例えば、兵庫県の明石市。


3月16日(月)に学校の再開を決定しました❗️

もう、さすが俺たちの明石市やで😭😭😭


ちなみに、兵庫県は休校延長を決定しています。

やはり県から「要請」はあったようですが、明石市は独自路線をいくことを決めました。


今回の再開の理由と判断の根拠について、泉房穂市長は下記のように回答されています。

市としては、市民の健康と生活の両方に目配りする必要がある。

感染症対策が必要なのは言うまでもないが、しわ寄せが社会的に弱い立場の子どもや高齢者に偏りがち。

再開する一方、体制強化や官民連携、高齢者施設の巡回、相談ダイヤルも実施し、イベント自粛は継続する。

そういった総合的な対応の中での判断。保健所長に医師としての見解も聞きながら決めた。

(出典:神戸新聞, 2020/3/13)


これ!本当これなんですよ!


ちなみに、明石市は単に学校を再開するだけではありません。しっかり準備をされているようです。


① 行政の大幅な組織体制強化(年度途中の人事異動を伴う)

② 医師会などもメンバーに加えた拡大対策本部の創設

③ 市民の幅広い不安に寄り添う総合相談窓口と専用ダイヤルの開設

④ クラスター発生予防の観点からの密閉空間使用禁止

等々です。


とはいえ、もし明石市で感染者が出たらどうするのか?

お隣の神戸市ではすでに感染者が出ているようですし…


それに対して、泉市長のスタンスは明確でした。

「学校は、子どもにとって安全安心の居場所であるべきで、そうでない状況なら休校も再検討するが、休校は大きな話。市内で感染者が1人出たからとの理由でシンプルに(学校を)閉める、閉めないという話ではない
感染リスクとのバランスの問題。学校に来てもらう方がリスクが高いと判断すれば考える。状況に応じて(休校は)全域か、地域か、学校単位かという選択肢もある。インフルエンザでは学校単位、学級単位。いろいろ方法はある。


つまり、行政がトップダウンで一斉休校を指示するのではなく、地域や学校、もしくは学級といったより小さな単位で自律的に判断していくスタイルです。

これは「台湾方式」に近いなと感じました。


これ、すごくいい。

いい。


新型コロナウィルスの特性やこれまで得られたエビデンスを基に、極めて合理的な、大人都合ではない、子ども目線/生活者目線の施策だな、と思いました❗️

ぜひ他の自治体にもチェックしていただきたい😭



しかし、悲しいかな。

この国のあるある話ですけど、こういう政府が音頭を取って自粛を要請しているときに足並みを揃えない人って往々にして非難の的になりますよね。

「みんなで頑張ってるときになにやってんだよ…😒」的な!


もうね、そんなバカな話はないですよ


明らかに政府の施策がナンセンスなときに、「自粛して」それに盲従することがいかに多くの人々の生活を脅かしてしまうことか。


今回勢いでnoteを書いてしまった理由はシンプルで、

こういう素晴らしい事例が世間に知られないまま「自粛しろ」だの「自重しろ」だのいう圧力にだけ晒されるのが嫌だったからです。

自分にはありんこほどの力もありませんが、こういう素晴らしい取組は全力で応援したいんです。


そして、ひとりでも多くの方に「よくやった❗️」と一緒に声をあげていただけたら嬉しいです。


こういう、何か問題があるごとに子どもに負担を押し付ける社会に加担するような「自粛」なんて絶対してやらねーぞ!と思うのであります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、より面白いコンテンツをつくる為の投資に使いたいと思います!

嬉しいです!よかったらシェアで感想を教えてください!
95
ソーシャルマーケター / 認定NPO法人フローレンス。たまに日経新聞に寄稿。前職はリクルートで営業と事業開発。市長選挙に出馬するもボコボコにされたのが社会人の原点。慶応義塾大学総合政策学部中退。妻と娘と三人暮らし。

こちらでもピックアップされています

提言・アイデア・想い
提言・アイデア・想い
  • 47本

社会問題に対する提言やアイデア、そして個人的な想いに関するエントリをまとめています。

コメント (2)
上から休めと言われたら右に習えでみんな休む
学校としてそれはどうなの?と思っていました。
学校は政治的思惑からは切り離されるべき。自主自立の精神を得るために学ぶ場所であるはず。
日本の教育が今回の騒ぎを経て大きく変わっていくことが大事で
私は全ての学校が私立化されてお互いに切磋琢磨して良い教育をめざせたらいいとおもう
ちなみに台湾の事例ですが、ルール設定の他にも、開校時に以下の準備をしています。ここまでやってる日本の学校があるかな?と思います。

1,毎朝登校時に学校の正門で検温

額温度測定 37.5度 耳温度測定 38度で出席停止、即病院で医師の診察。

2,教職員は、発熱や呼吸器に何らかの症状が校内で出た場合は、すぐにマスクをして、帰宅まで個室待機。

3,645万個(全国の教職員

生徒学生数 一人一枚)のマスクが全教育機関に予備用として配布済み。

4、アルコール消毒液 8.4万噸が、教育機関に配布済み。

5,2.5万本の額体温計を配布 小中学校は配布完了 3月2日までに全校配布完了予定

6,2月23日までに学校の完全消毒完了

7、開校中は、教室の窓を開け、換気を充分に行う 密室空間を作らない

8,感染者に接触したと思われる場合は14日間自宅待機をする 隔離監察

9,学校では大型の活動は中止 入れ替え授業(複数のクラスの交流など)は中止

10、感染者が一人出た場合は学級閉鎖、二人出た場合は学校閉鎖


11、学校に医師を派遣して、感染予防指導や見回りを行う。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。