銀行システムを守るために、早期のデフレ脱却を

「2017年末の貸出金残高のうち金利0%台の融資は全体の62%に拡大」というのは衝撃的です。

まず、記事でも指摘されている通り、銀行の収益が大きく圧迫されます。仮に預金も貸出もほぼゼロ金利ということであれば、預金と貸出の金利差もほぼゼロということになります。つまり、銀行の主な収益源が消え去ってしまうわけです。

より深刻な問題は、将来、デフレ脱却に成功した場合に、銀行の収益がさらに悪化するリスクがあるという点です。つまり、デフレから脱却すれば物価も上昇し、それに伴って預金金利も上昇します。その時、現状の融資の一部は低金利のままで残りますので、その部分については銀行の利ざやはマイナスになってしまいます。

例えば、将来デフレ脱却に成功して、インフレ率が2%、預金金利が3%となった際に、貸出の一部が1.6%の長期固定金利となっていたりすると、銀行の利益はマイナス1.4%(1.6% - 3.0%)となってしまうのです。

そこで、仮に、銀行の利益を守るために預金金利をゼロ金利のまま据え置くと、今度は、インフレによって預金の価値が毎年2%ずつ目減りしていき、預金者、特に年金生活者の生活が大きく圧迫されることになります。

実際に、アメリカでは、1980年代から1990年代前半にかけて、インフレを退治するためにFRBが金利を大幅に引き上げた結果、住宅ローンの金利と預金金利が逆転してしまい、全米に3,000あった地方金融機関の実に1/3が破綻しました。(これはインフレ脱却の事例ですので、日本の状況にはそのまま当てはまりません。しかし、古今東西、物価や金利の急激な変化に対して、銀行システムは極めて脆弱です。)

このような事態を未然に防止するためには、銀行の貸出のほとんどがゼロ金利になってしまう前に、デフレから脱却する必要があります。そして、それは日銀だけの努力で実現するものでありません。

デフレから脱却するためには、金融政策に留まらず、規制の緩和や、新しい産業の創出について、幅広く検討し、実行していく必要があります。私自身も、フィンテック起業家の一人として、「働く世代のための資産運用サービス」という新しい産業を創出に貢献できればと思います。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26953920V10C18A2MM8000/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「誰もが安心して手軽に利用できる次世代の金融インフラを築きたい」という想いから、プログラミングを一から学び起業。働く世代向けに全自動の資産運用サービス「WealthNavi」を提供中。財務省→マッキンゼー→ウェルスナビ。 著書に『これからの投資の思考法』(ダイヤモンド社)

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 14316本

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、良い投稿については、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。