新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「やさしい時間」をたくさんつくろうとすることが、世の中を楽しいものにするに違いない(『#やさしい時間』投稿まとめ)

1月初旬に「今年は誰のために時間を使いたいですか? あなたにとってのやさしい時間」というテーマで、投稿を募集いたしました。

「誰かのために考えたり行動する時間=やさしい時間」をキーワードに、今年新たに時間をつくって考えたい、あるいは新たに行動したいことについて教えてください。そして、その理由も教えてください。

たくさんの方から、それぞれの「やさしい時間」とは何かについて、ご投稿いただきました。本当にありがとうございます。

コロナ禍で慣れない在宅ワークの日々にストレスを感じたり、苦しい状況が続いているビジネスパーソンも多いなかで、とても前向きで疲れを吹き飛ばすようなご投稿が多く、わたしたちスタッフも頑張る元気をいただきました。

すべては紹介しきれませんが、いくつか、この場でシェアさせてください。どのご投稿も、「やさしい時間は何か?」という問いに答えているはずなのに、さらに本質的な問いを投げかけていらっしゃるのが素敵です。

みなさんが今年つくりたい「やさしい時間」はどんな時間でしょうか。

■「居心地の良い他者との共存」は成り立つのか?

まずは、佐々木俊尚さんのご投稿。孤独と隣合わせの現代社会では、昔でいう村社会のような、共同体の復活が望まれているのではないか?という洞察から、現代的な共同体のあるべき姿とはどのようなものかに考えを巡らしたご投稿。同調圧力のない「やさしい時間をもたらす居心地の良い他者との共存」とはどういう状態なのかを考えさせられる内容でした。

■「他者視点に立つ」とは具体的にどういうことか?

続いて、村上臣さんのご投稿。誰かのために何かを考えることは、仕事に欠かせない他者視点に立つということ。他者視点といってもその言葉には、同情(sympathy)、共感(empathy)、思いやり(compassion)の3要素が含まれると説きます。そして、これからは「ともに行動する」ことが重視されるリーダーには特に「思いやり」が重要になると指摘しています。

■シェア1位の会社になることがゴールなのか?

長島聡さんは、「需要創造」ではなく、「シェア奪取」のために働いていた時間は、限定的な人たちへの「やさしい時間」になっていたといいます。そのことに気づき、新しい価値を生む活動に取り組みはじめたそうです。目の前の売上や利益をどう見るか。どのような未来が望ましいのか、考えさせられる内容です。

■契約書面をかざして、人を動かしていないだろうか?

富永朋信さんの投稿。人へのお願いごとで失敗したエピソードをもとに、仕事のパートナーに対しては、お金を払っているからやるのは当然というような、契約書面だけを見た関係ではなく、気遣いや丁寧な対応により築き上げられる信頼関係こそが大事であり、「やさしい時間」はそこにあると説く内容。オンラインで人と直接会わないことが多くなっているいまだからこそ、十分に心がけておきたいお話です。

■スマホいじりで失っていることに気づいているか?

加藤史子さんの投稿。夜9時以降、インターネットが使えなくなる家庭内の「ネット利用のルール」を決めて実行。ご家族との会話や笑い声が増え、優しい時間を生み出したという素敵なご家族のエピソード。ルールを守るための徹底的な施策に圧倒されます。スマホ依存とおさらばしたい人は、必読です!

■このほかにも、ぜひ読んでいただきたい投稿がたくさん。

ほかにもご投稿いただきました。ありがとうございます。

日経COMEMOがはじめての方へ

日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。

一人でも多くのビジネスパーソンに「書けば、つながる」を実感していただき、つながりによって生まれる新しいお仕事が、世の中をより良くすると信じています。

投稿募集企画は、皆様の発信機会を増やせればと思い、運営しています。

寄せられた投稿は、私たち日経COMEMOスタッフがすべて拝見しています。皆様のチャレンジをお待ちしております。

https://comemo.nikkei.com/menu/1371



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日経COMEMO公式

日経が推す各界キーオピニオンリーダーの知見が集まるCOMEMOは「書けば、つながる」をスローガンに、個人の意見を発信するビジネスパーソンを応援しています。

これからも日経COMEMOをよろしくお願い致します!
日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。リーダーたちの投稿の他、運営メンバーの活動/毎月開催のイベント情報、みなさんも参加できる投稿募集のお知らせ(日経新聞に掲載されるかも!!)も発信します。