世界通貨になりたい?

平たく言うと「やっているやつは馬鹿だから要らない」というストレートなご意見なので、ビットコインを信奉している向きからの感情的な反応は当然ですが、そもそもビットコインがどこに向かっているのかについてコンセンサスが無いことがいつも気になります。

 それが良いとか悪いとかではなく、それが本当に世界通貨を目指すのであれば必然的に価値尺度・保蔵・流通の3機能を堅実に満たしている必要があります。また、それが本当に主要通貨(世界通貨?)であった場合、ビットコインが不足している状況が発生した場合、誰が、どのように、どのくらいの供給を行うのかも定かではありません(私が知らないだけであったら申し訳ございませんが・・・ご容赦下さい)。

 そもそもビットコインの価値をたらしめているものはマイニングを介してしか供給されないという「希少性」と見受けられますが、経済・金融状況が緊急的に通貨供給を要求している場合、マイニングとか悠長なこと言っている余裕は多分ないのでしょうから、その場合にどうするのか・・・など。エコノミスト的に素朴な疑問は尽きません。その存在の善し悪しではなく、どこに向かっていて、そのためには何が足りないのか、という議論が今少し深まっていくと良いなと思います。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-12/OW6USK6KLVR401

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-09-12/OW6USK6KLVR401

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?