見出し画像

「オヤジと違うこと、しとるけん、よかのー」 ~ 一言切り抜きfrom日経 #21


© kuranary


2018年3月12日の喪友記より。

(↑一番後ろの面の、「交友抄」は追悼文の時は、こういう名前になるんですね)

14代今泉今右衛門さんが、同じ人間国宝の中島宏さんについて書かれていた、追悼文より、

一言切り抜かせていただきました。

今右衛門さんが、若い時に、中島さんから言われたというセリフです。

お二人とも故郷佐賀の大先輩。

中島宏さんの器は特に、買いたい、と思っているうちに、、亡くなってしまった。

同じ空間で、同じ空気を吸ったことはあるが、お話したことはない。

でも、中島さんには物を作る勇気と指針をいただいたことがある。

2016年は有田焼創業400周年で、

その3年半前から、「有田焼を産業として復活させる」という目標のもと、

佐賀県庁の有田焼400年チームのみなさんと一緒に、戦略を練り、実行に移した。

コンセプトを「arita episode2」とし、

400年を機に、歴史とひも付きつつも、

今の時代を生きる人々を主人公として、第2章のストーリーを作り始める。

そんな方向性で、17のプロジェクトを同時に動かし、未来への兆しを探った。

有田のみなさん、佐賀県のみなさん、県内外はもとより国内外のいろんな方々の

力が結集した、充実したプロジェクトの一端を担え、

参加させていただいて、とても有意義な日々だった。

(もちろんepisode2ははじまったばかりだけど)

http://arita-episode2.jp

© kuranary


2016年、秋。

いろんなプロジェクトのお披露目、式典などが行われる中で、中島さんのスピーチを聞いた。

器を使って(USE)食べたり触ったりできるミュージアム=USEUM(ユージアム)のオープニング式典だった。

「作り手が、自分が作った器が使われるところを見れるのは、幸せだし、勉強になる。」

そんなお話を始め、1つ1つの言葉が、しっかりと形を持つスピーチだった。

その後、眞子さまも来られた、別の式典にて、冊子が配られた。

その中には中島さんのメッセージが載っていた。

「今必要なものは何かと問われれば、感性と個性。」

「より個性的であれ。より自由であれ。」

有田に関わらず、全員に通じるメッセージ。

きっと、誰にももう見られないだろう、このメッセージを、

どうしてももっと共有したくて、日経の一言をきっかけに、ここにUPします。

中島さんの意思を引き継いで。

より個性的で、より自由で、いい仕事しましょう、みなさん。

© kuranary

© kuranary


© kuranary



この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?