見出し画像

アフターコロナで渇望されるアウトドアレジャーの顧客特性

コロナ禍で観光業界が深刻な打撃を受けているのは周知の通り。しかし、消費者がいつまでも「巣ごもり」を続けたいと考えているわけではなく、アウトドアのレジャー関連市場は、逆にコロナ禍で業績を伸ばしている。

自転車部品と釣り具メーカーのシマノ(7309)は、両事業ともに2020年は新規のユーザー層が増えたことで業績を伸ばし、前年比で営業利益が21%伸びている。同じく、「DAIWA(ダイワ)」のブランド名で釣り具メーカーとして世界1位のシェアがあるグローブライド(7990)も、日本と北米市場でフィッシングユーザーが増えたことにより、前年比で営業利益が131%増となった。両社ともに、コロナ禍で株価は2倍近く上昇した。

画像2

画像1

また、三密を避けてアウトドアを楽しめる乗り物としてバイクの人気も高まり、特に中型、大型の高級バイクが売れている。中古バイクの買い取りを行う、バイク王(3377)の2020年決算は、売上高で11%増、営業利益で235%増という好成績だ。営業利益の伸び率が高いのは、ユーザーから買い取ったバイクを業者オークションで売却するのではなく、直営店舗で販売する業態への転換が成功しているためだ。

画像5

4輪のキャンピングカーも、レンタル、販売ともに需要が急増しており、程度の良い中古車は、すぐに次の買い手が付く「タマ不足」の状態が続いている。消費者にしてみると、これまで海外旅行や屋内レジャーに費やしてきた予算を、感染リスクが低い野外で、家族や友人と楽しめるアウトドア活動に乗り換えようとするのは、わかりやすい価値観といえる。

これらアウトドア業界の好業績企業に共通しているコロナ禍の業績は、売上よりも利益率の伸び率が上昇していることである。これは、経済的に余裕のある40~50代の世代が、アウトドアの遊びに高額のお金を使いはじめているためだ。これまで、海外旅行や高級グルメなどに費やしてきた資金が、屋外で楽しめるアウトドアレジャーに回り始めている。これはレジャー用品の販売に限らず、アウトドア型の観光コンテンツも渇望されている。

【自転車旅行をコーディネートするサイクルツアー会社】

 米国では、自転車愛好者を対象としたサイクルツアーのコーディネート業が、各地のローカルビジネスとして成り立っている。「Bicycle Adventures」は、米国各州でサイクリング旅行に適したコースをリサーチして、自転車ツアーのコーディネートをしている会社で、現地での自転車レンタル、宿泊先と食事の手配、ツアーガイドまでを含めた、各種のツアーを企画している。

ツアーの内容は、自転車の経験レベル(初級、中級、上級、ファミリー)と、サイクリングの形態(ロードサイクル、レールトレイル、マウンテンバイク、ハイキング)、目的地によって細分化されており、料金は4~6日間のツアーで2000~4000ドル(約21~42万円)に設定されている。この中には、自転車のレンタル料も含まれており、身長と股下サイズに適したロードバイクやクロスバイクを用意してもらえる。またツアーによっては、電気自転車のレンタルを指定することもできる。

ただし、自転車でツアーを開始する集合場所までの交通費は、料金に含まれていない。サイクルツアーの料金設定は、自転車のレンタル代、宿泊と食事代、ガイドの併走までを含めて、1日あたり500~600ドルが平均値となっている。

画像4

画像3

Bicycle Adventures

4日~1週間間にわたるサイクリングツアーというと、上級者が冒険旅行としてチャレンジすることが多いが、最近では自転車経験の長いツアーガイドが併走する形で、初心者やファミリーをサポートするものが、2000~4000ドルの価格帯でも、米国では人気化してきている。ツアー会社は、各地域の自転車経験者をガイドとして採用または委託契約することで、多様なサイクリングツアーを企画している。

自転車ツーリングの本格的な旅は、日本人にとっては、まだ珍しい形態だが、海外から日本は魅力的なツーリングの候補地となっており、コロナ後の観光業界では、日本各地で外国人旅行者向けのサイクリングツアーを開発できる商機もありそうだ。

■JNEWS関連情報
満員電車解消策として自転車通勤者を増やす英国メソッド
ポストコロナのアウトドアレジャーとキャンプ場開発
車中泊ユーザーを取り込むRVパークの開発商機
(知性+教育+感動)を商品にする子供向けサマーキャンプ市場

JNEWSはネット草創期の1996年から、海外・国内のビジネス事例を専門に取材、会員向けレポート(JNEWS LETTER)として配信しています。JNEWS会員読者には、新規事業立ち上げなどの相談サポートも行い、起業の支援を行っています。詳細は公式サイトをご覧ください。






この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?