新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【日経新聞連動テーマ企画】#人材を見抜くには こんなご意見いただきました

日本経済新聞編集委員の石鍋です。企業にとって、いい人材を採用するのは重要かつ困難な課題です。新卒の学生、中途入社組、経営のパートナーなど、仕事の仲間としてふさわしい人材か限られた時間で判断しなければなりません。「人材を見抜くには」をテーマに、こちらのnoteで意見を募りました。


「この面接が始まってから、私に何回ウソをつきましたか」。Preferred Networks執行役員CMO、富永朋信さんは面接の途中で、こう聞きます。周到に準備を経て、面接の場だけ快活に振る舞う採用候補者などの心の防御を切り崩す技だそうです。

「ECエバンジェリスト」を名乗るエバン合同会社の川添隆さんは、「場がほぐれて話が盛り上がっているタイミングで、お茶を出してもらう」そうです。この時の受け方で、その人の本当の姿が浮き彫りになるといいます。

フリーランスパラレルワーカーのRicaさんは会社員時代に、人事担当で新卒の採用にも携わりました。「面接の部屋に入る前の応募者の様子のチェック」が仕事だったそうです。面接が終わった後で、面接を受ける前の様子を面接官に伝え、評価を擦り合わせていました。待つ間と面接中で、言動のギャップが大きい学生も多かったといいます。

また、投稿の中で目立ったのは、採用する側の事前の準備が大事だという意見でした。自分たちは、どんな人材がほしいのか。きちんと整理して言語化し、面接を行う社員などで共有しておく。さらに学生など応募者の側にも明確に伝えておく。そうすれば、見当外れの自己PR、腹の探り合い、採用後のミスマッチなどで悩むことが減ると考えます。

採用活動の時だけでなく、ふだんから双方向のコミュニケーションを通じて信頼関係を築き、個人と組織がお互いを理解しておく。そうした積み重ねが、遠回りのようで、結果的にいい採用につながるという意見も複数、寄せられました。

人柄やコミュニケーション能力など、これまでの日本企業の人材採用は、基準が曖昧な部分が目立ちました。しかしIT(情報技術)人材などを中心に、期待する職務をきっちり事前に示し、スペシャリストを求める欧米型の採用に移ろうとする動きが見られ始めました。現在の新型コロナウイルスの感染拡大で、オンラインの会社説明会や動画による面接を取り入れる企業が増え、期せずして企業の採用活動は大きく変わろうとしています。ネット経由のやりとりでは、空気よりロジックが重視されます。学生などの応募者はもちろん、採用する側にも、今後は新たなスキルが求められると思われます。                     

                       (編集委員 石鍋仁美

このほか、「#人材を見抜くには」というテーマには、以下のような投稿をいただきました。投稿者の皆様にお礼申し上げます。
 








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

日経が推す各界キーオピニオンリーダーの知見が集まるCOMEMOは「書けば、つながる」をスローガンに、個人の意見を発信するビジネスパーソンを応援しています。

今後もよろしくお願い致します!
17
日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。リーダーたちの投稿の他、運営メンバーの活動/毎月開催のイベント情報、みなさんも参加できる投稿募集のお知らせ(日経新聞に掲載されるかも!!)も発信します。

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 7441本

日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。