出口戦略は「簡単」

これは、本当にその通りです。特に中央銀行が金融危機ではない時の金融緩和の措置として株式ETFを大量に買い続ける出口なきオペレーションは「戦略」ではありません。ただ、知人であるイェスパー・コール氏は「出口戦略なんてノープロブレムだよ」と言います。

「個人が日銀からETFを購入すれば相続税がかからないようにすれば良い」

確かに、日本の家計は900兆円ぐらいの現預金を抱えています。

これに加え、2000万円以上の現預金には年々と2%「現金税」を課税(疑似的に物価目標を達成できる)。また、相続の際には2000万円以上の現預金に100%の相続税を課税。

高齢世帯の金融資産の平均が2000万円ぐらいのようですから、「平均」以上の、まさに「お金」持ちを課税することになるので、ETF買いの相続税がゼロになっても、お金持ち優遇にはならないのではないでしょうか。

異次元な金融政策には、異次元な出口策が必要です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。