これは、本当にマズイ。未来への先行投資の急務

中国の人口が日本の約10倍と考えても、この格差の広まりは日本の次世代の国力として大変まずい状況だと思います。量だけではなく、質が大事なことはわかりますが、これでは、日本人がノーベル賞を受賞できなくなるという将来が遠くないかもしれません。

なのに、過去最大の101.4兆円の2019年の日本政府の一般会計の内の文教科学費は5.38兆円で前年比は横ばい。科学技術振興費は1.34兆円に過ぎなく、これも前年比は横ばい。

それと比べて、同じ予算規模の公共投資は6.91兆円と前年比で15.6%、図体が巨大な社会保障費は34.6兆円で前年比で3.2%。 

この現在の人気取りのためのバラマキは本当にまずいです。未来世代から借金するのであれば、未来世代への先行投資も絶対不可欠です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。