【ご意見募集】ビットコインは普及するか/日経新聞連動企画

相場急騰や分裂騒動など、何かと話題の仮想通貨ビットコイン。最近は円建ての取引が全体の半分程度を占めるなど、日本人の関心の高さをうかがわせます。まだ黎明(れいめい)期の仮想通貨ですが、今後、電子マネーのように日々の暮らしに浸透するのでしょうか。皆さまの意見をお聞かせください。

日経ヴェリタスの実験的な記事「ビットコインで1週間生活してみた」では、まだまだ使用できるお店が少なく、決済インフラの整備が進んでいない現状が浮き彫りになった一方で、決済手続きの簡便性や迅速性といった魅力も分かってきました。最近は大手銀行が相場変動のないデジタル通貨の発行を検討するなど、将来の金融を変える可能性も感じさせます。

そこで皆さんにビットコインの将来について、ご意見をいただけないかと考えております。10年後をメドに、ビットコインの普及について3つの選択肢を設けました。この下の「引用して書く」欄から【1】~【3】のうち、ご自身のお考えに最も近いものを選んで投稿いただけないでしょうか。可能であれば、ご意見やご感想を加えていただけるとうれしく思います。アンケート結果は日本経済新聞の新コーナー「COMEMOの論点」で紹介させていただきます。

【1】日々の生活に浸透している

「Suica」などの電子マネーも誕生当初はここまで普及すると思っていた人は少なかったのではないでしょうか。今後、決済システムの整備が進めば、多くの人に使い勝手の良さが認識され、普段の買い物や送金などで活発に利用されている姿を想像することも意外に難しくないかもしれません。

【2】一部の人の利用にとどまる

激しい相場変動が続き、一部の投資家による投機目的での利用に限られる状況が今後も続くというシナリオです。多くの人が日々の決済に利用する場合、どうしても相場変動の大きさが障害になります。現在も指摘されている問題が10年後も解決されなかった場合、限定的な利用にとどまる可能性も否めません。

【3】利用者が急減して消滅する

JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者は9月に「本物ではない。いつか終わる」と発言しました。17世紀のオランダで起きたチューリップ・バブルのように、人々の物珍しさに対する熱気が冷めた途端、相場が急落し、誰も利用しなくなるというシナリオも排除はできません。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO22078420Q7A011C1000000?channel=DF051020173088

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO22078420Q7A011C1000000?channel=DF051020173088