新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

湯島天神の鉛筆が教えてくれた、人を動かす面白さ

博報堂でブランド戦略のコンサルタントをしている岡田と申します。
今月から、日経新聞COMEMOのKOL(キーオピニオンリーダー)に選んで頂きました。

ブランディングやマーケティングについて、日経新聞の記事を引用しながら書いていきたいと思います。
朝の電車などで、気軽に読めるエッセイ風を目指していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

今日は、私が今の仕事を目指すきっかけになった、ターニングポイントについてです。

「人を動かすこと」の面白さに気づいた中学受験

2月に入ると、いよいよ受験も終盤。

今年は新型肺炎などもあり、心配ですね。
受験生の皆さんが、テストで実力が発揮できるように祈っています。

ところで、私の人生最初の受験は、中学校受験でした。

親に言われて5年生の終盤から始めた私は、一番下のクラスにギリギリ入塾。国語は苦手ですが、算数は大の苦手で、勉強も全く好きではありませんでした。

しかし、6年生の時、ある算数の先生との出会いが、私の勉強嫌いを変えました。

その先生のクラスでは、毎回10問程度の小テストが出るのですが、1番最初に全問正解した生徒は、学問の神様である「湯島天神」の鉛筆がもらえるのです。

最初は手も足も出なかったのですが、なぜか無性にその鉛筆が欲しかった私は、生まれて初めて「予習・復習」なるものをやるようになります。その結果、いつしか毎回のように鉛筆がもらえるようになりました。

鉛筆の本数が増えるのと比例して、算数の成績がぐんぐん上がり、気がつけばあんなに苦手だった勉強が好きになっていたのです。

あの時の経験が私に教えてくれたもの。
それは、「正攻法以外にも、人を動かす方法がある」ということです。
いい学校に入る。成績をあげる。それが正攻法のモチベーションだとしたら、「鉛筆が欲しい」という、少しずらした目標が私を動かし、結果的に「成績を上げる」という本来の目標を達成していた。

「人を動かすこと」。その一筋縄ではいかない面白さが、広告会社にいる今の自分の原点になっています。

ワクワクする「アナザーゴール」が人を動かす

東京学芸大学附属世田谷小学校の沼田晶弘先生は、この「少しずらした目標」のことを「アナザーゴール」と呼んでいます。

沼田先生は、『サビで踊りたいから掃除を頑張る「ダンシング掃除」』や『都道府県をパワポでプレゼンする「勝手に観光大使」』など、子ども達がワクワクするような「アナザーゴール」を上手に使いながらも、本来の教育が持つ目標も達成しています。

「人はワクワクしないとやる気になりません。そのためには、テンションが上がる別の目標「アナザーゴール」を用意して、楽しく意欲的に取り組ませることが大切です。」

これは、大人でも同じことだ、と沼田先生は言います。

「かっこいい水着を着たいから、夏までに痩せる」
「結婚が決まったから、料理教室に通う」

「やらなければならない」という正攻法の目標よりも、その人がワクワクするような、少しずらした「アナザーゴール」の方が、結果的に人を動かす原動力になることがあります。

この「アナザーゴール」の考え方は、教育の話だけではありません。仕事をする上でもとても役に立つものです。

例えば、経営トップが従業員にメッセージを発信する時。株価や経営数字の達成は重要な目標ですが、少しずらした「アナザーゴール」を設定した方が、結果的に組織が動く場合があります。

有名なのは、アメリカのケネディ大統領による「月へ行く」という宣言。いわゆる「ムーンショット」です。

本来の目標は、ソ連に負けない技術開発力を持つことでした。
しかし、そのままストレートに「技術開発力を今よりも上げよ」と伝えるよりも、「人類で初めて月に行くぞ」と言われた方が、技術者の魂に火が付きます。
その結果、ソ連を上回る技術力を手に入れることができたのです。

人を動かす目標を作る。

ワクワクする目標「アナザーゴール」がもつ力は、成し遂げたい「何か」を持っている全ての人にとって、大きな武器になります。

画像2

また、そんな人と一緒に、ワクワクする目標を作り、伝えるお手伝いをしたいというのが、今の私の仕事の原動力です。
そう思えるのも、あの時、算数の先生に出会ったからです。

中学受験の目標は、「目標達成の楽しさ」だった?

そういえば、中学受験の結果についてお話ししてなかったですね。

算数の成績は上がったものの、第一志望だった中高大一貫の学校には合格できず、中学受験は失敗に終わりました。
しかし、その後、高校からしか入れない学校に入学し、素敵な出会いや経験があり、今に至ります。振り返ると、あの時の不合格は必ずしも「失敗」でもなかったな、とも思います。

もしかしたら、「第一志望の合格」という目標ですら「アナザーゴール」だったのかもしれません。

本当の目標は「(鉛筆をもらうという)目標を達成する楽しさ」を学ぶこと。そう考えると、とても良い先生に巡り会えたことに、改めて感謝の気持ちが湧いてきたのでした。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事が面白いと思ったら、「スキ」(❤️)をお願いします!ログインしていなくても「スキ」を押すことができます。

また来てくださいね!
35
博報堂ブランド・イノベーションデザイン局 ディレクター/ ブランディングやマーケティングが専門です / 大学院(博士課程在籍)でユーザーイノベーションを研究中 / 日経新聞COMEMO / 駒澤大学(非常勤講師)/ もつ鍋と酢モツが好きです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。