スライド3

トライ。そこには、失敗する可能性も含まれている。 ~ 一言切り抜きfrom日経#102

ラグビーワールドカップ中なんで、ラグビー関連をせっかくだからあげたいなと。開会式の日の9/20 朝刊の日経に載っていた広告より一言切り抜き。それが、なんの企業の広告だったか、、

広告から一言切り抜くことがよくありますが、それがけっこうキャッチフレーズじゃない場合が多いんですよね。

スライド3

でも、ラグビーのトライって、ゴールの意味じゃ?と思っていたんですが、ネットで調べてみるとこういうことらしいですね。

↓↓↓↓↓

ラグビーのトライとはいったい何に挑戦するのでしょうか。昔はトライをしても得点にはなりませんでした。そのあとのキックを決めれば勝ちというルールでした。つまり、トライというのは、勝ち負けを決めるキックに挑戦する権利を獲得したということだったのです。“トライを取る”と言いますが、まさに“キックをする権利を獲得する”という意味だったのです。現在のルールだけで考えますと、トライが何に挑戦するのかはわかりにくいかもしれませんが、昔のルールで考えますとすぐにわかります。


ということで。ラグビーワールドカップからもいろんな勇気をもらって頑張りましょうかね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

倉成英俊

21世紀のブラブラ社員。 http://creative-project-base.com/

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。