倒錯した政策運営は支持できない

色々な価値観があるかとは思いますが「将来利下げできるために利上げする」という今のFRBの糊代的政策運営は明らかに倒錯していますし、過去そういった政策決定をして失敗した中銀を市場参加者は覚えています(そう考えているからこそイールドがフラット化しているのでしょう)。「利上げし続けても大丈夫な実体経済」の期間というのは今の世の中、そんなに長いものではないのだとすると、正常化を宣言してから4年経つ米国が頃合いを迎えても全く不思議ではないと私は思いますね。そもそも為替(ドル)が3年間も同じ方向に動いていること自体、かなり危うい雰囲気を覚えます。

http://jp.wsj.com/articles/SB11143844647977143401504583251284164867320

http://jp.wsj.com/articles/SB11143844647977143401504583251284164867320

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?