見出し画像

やりたかった仕事を社外で全部やってみる

毎日が憂鬱、仕事がつまらない。でも、やらないと食えないからやらざるを得ない。息苦しく、自分が自分ではないような日々・・・
 
会社が嫌でたまらない。成果も出ないし、ここから離れたい――。

それはあなたの中のレーダーが、「そっちはうまくいかないよ」と反応している証拠です。
 
一方、思い切って新しい仕事や活動を見つけて着手したところ、とんとん拍子にうまくいった、という話をよく耳にします。
 
私にも同じ経験があります。魂が喜ぶ方向にシフトした瞬間、努力という感覚は完全に消えてなくなりました。

「こんなに興奮させてくれてありがとう」「没頭させてくれてあり
がとう」という感覚で体中が満たされたのです。
 
成果が出て収入も増え、魅力的な人脈も増え続けました。このような状態に、あなたも必ずシフトできるのです。
 
会社を辞めて、好きなことやあこがれに向かって突っ走るのもいいでしょう。しかしそれは、貯金があり、社外のキャッシュフローもあり、さらには実家住まいや持家であるなどの場合に限ります。
 
そうでない場合は、会社を辞めずに「社外で働く」のがいいのです。
 
会社以外であこがれの「仕事」をやってみる。やってみたかったことを「仕事」として実際にやってみる。
 
アルバイトでもいいし、無報酬のボランティアでもいい。あこがれの仕事の端っこをかじらせてもらいましょう。実際にやってみると、肌で感覚を確かめることができます。


「実際にやってみたけれど、思っていたほど楽しくなかった」

「実際にやってみたら、あまり自分には合わなかった」。

もしこう感じたなら、すぐにシフトすればいいのです。

いろいろ試すことで、働き方のチューニングをしましょう。
 
私も会社員時代には、あこがれの仕事をいろいろとやってみたものです。ファッション誌の編集の手伝い、テレビのAD補佐、バーテンダーの補佐、クルーズ事業のスタッフなど 20 種くらいを経験しました。そしてそれらが今の私の仕事の基礎となっています。
 
本業以外の時間を使って、未来の行き先をチューニングする・・・それが悔いのない人生をたぐり寄せるのです。
 
さあ、社外であこがれの仕事にとことん浮気をしましょう。癖になる浮気に出会えたとき、あなたの未来は好転するはずです。

人生が100倍楽しくなる!最強の行動スイッチ 生き方と働き方が変わる「第3の活動」著:潮凪洋介


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

潮凪洋介(著者/ライフワーク・クリエイト協会 理事長/...

著者・講演家・ライフワーク・クリエイト協会 代表理事。著書67冊・累計165万部。「誰もが社外でもう一つの“好きで得意な仕事・活動”を楽しむ世の中づくり」を目指し活動。メールマガジン http://www.freedom-college.com/mailmagazine

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。